102-153 解説


153

副交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ピペリドレートは、アセチルコリンM2受容体を選択的に遮断して、胃酸分泌を抑制する。

2 オキシブチニンは、アセチルコリンM3受容体を遮断して、膀胱平滑筋収縮を抑制する。

3 ネオスチグミンは、コリンエステラーゼを可逆的に阻害して、手術後の腸管麻痺を改善する。

4 トロピカミドは、アセチルコリンM3受容体を刺激して、瞳孔括約筋を収縮させる。

5 シクロペントラートは、毛様体筋のアセチルコリンM1受容体を刺激して、シュレム管を開放する。



選択肢 1 ですが

ピペリドレートは、抗コリン薬です。

流産・早産防止や、鎮痙剤として用いられます。


ちなみに、胃酸分泌を抑制するのは

M 1 選択的受容体遮断薬です。

代表例は、ピレンゼピンです。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4,5 ですが

共に抗コリン薬で、散瞳薬です。

瞳孔括約筋を弛緩させます。

抗コリン薬だから、受容体を「遮断」します。



よって、選択肢  4,5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。