102-155 解説


155

全身麻酔薬、麻酔補助薬及び催眠薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 プロポフォールは、メラトニン受容体を選択的に刺激し、催眠作用を示す。

2 チアミラールは、γ-アミノ酪酸GABAA受容体のバルビツール酸結合部位に作用し、細胞外へのCl-流出を促進する。

3 レミフェンタニルは、血液中の非特異的エステラーゼにより速やかに代謝されるため、作用持続時間はモルヒネよりも短い。

4 ゾルピデムはγ-アミノ酪酸GABAA受容体のα1サブユニット(ω1受容体)に選択的に作用し、催眠作用を示す。

5 エスタゾラムは、セロトニン5-HT1A受容体に部分刺激薬として作用し、催眠作用を示す。



選択肢 1 ですが

プロポフォールは

静脈麻酔薬の1つです。

特徴は、非ベンゾジアゼピン系であることです。


又、作用時間が超短時間です。

これは、速やかに肝代謝を受けるからです。

GABAA 受容体機能亢進により、麻酔作用を示します。


メラトニン受容体刺激薬では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


ちなみに

メラトニン受容体刺激薬としては

ラメルテオン(ロゼレム)があります。



選択肢 2 ですが

チアミラールは

バルビツール酸系静脈麻酔薬の1つです。


バルビツール酸系の作用機序は

GABAA 受容体におけるバルビツール酸誘導体結合部位に結合することで

GABA 神経系の活動性を高めることです。


具体的には

Cl- 流入を促進し、過分極を引き起こします。

細胞「外」への Cl- 「流出の促進」では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい記述です。


レミフェンタニルは

超短時間オピオイド鎮痛薬です。


ゾルピデムは

非Bz系睡眠導入剤です。

※非Bzだが、選択肢の通り

作用点は GABA 受容体であることに注意。




選択肢 5 ですが

エスタゾラムは、◯◯ゾラムなので、Bz系です。

セロトニン受容体刺激薬では、ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


ちなみに、5-HT1A受容体 部分作動薬としては

セディール(タンドスピロン)があります。



類題

97-155