102-157 解説


157

中枢神経疾患治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ラモトリギンは、K+チャネルの活性化により神経細胞膜を過分極させ、抗てんかん作用を示す。

2 ガランタミンは、グルタミン酸NMDA受容体を遮断して神経細胞内へのCa2+流入を抑制し、認知機能障害を改善する。

3 エンタカポンは、末梢におけるカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害して、レボドパの脳内移行量を増加させる。

4 フェニトインは、電位依存性LCa2+チャネルを選択的に遮断し、抗てんかん作用を示す。

5 タリペキソールは、ドパミンD2受容体を選択的に刺激し、錐体外路障害を改善する。



選択肢 1 ですが

ラモトリギンは

抗てんかん薬の一つです。


Na+ チャネル遮断により、神経細胞の興奮を抑制し

抗てんかん作用を示すと考えられています。

K+ チャネル活性化では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが

ガランタミンは AchE 阻害薬です。(AchE:アセチルコリンエステラーゼ)

アルツハイマー型認知症に用いられます。

NMDA 受容体拮抗薬では、ありません。


NMDA 受容体拮抗薬としては

メマンチン(メマリー)があります。


選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが

フェニトイン(アレビアチン)は

ヒダントイン系の抗てんかん薬の一種です。

作用機序は、Naチャネル遮断です。

神経細胞の興奮伝達を抑制します。

Ca2+ チャネル遮断薬では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。




以上より、正解は 3,5 です。



類題