102-158 解説


158

高血圧症治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 プロプラノロールは、傍糸球体細胞からのレニン分泌を抑制する。

2 アリスキレンは、アンギオテンシンの産生を抑制する。

3 カプトプリルは、一酸化窒素(NO)の産生を抑制する。

4 カンデサルタンは、アンギオテンシンの産生を抑制する。

5 エプレレノンは、アルドステロンの分泌を抑制する。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

プロプラノロールは、β遮断薬です。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。

アリスキレンは、直接的レニン阻害薬です。


レニンは

アンジオテンシノーゲン→アンギオテンシンⅠ の反応を触媒する酵素です。

このレニンを、アリスキレンは阻害するので

アンギオテンシンⅠの産生が抑制されます。



選択肢 3 ですが

カプトプリルは、ACE阻害薬です。

NO 産生阻害では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが

カンデサルタンは

ATⅡ受容体拮抗薬です。

産生抑制では、ありません。


ちなみに

ATⅡの産生を抑制する というのは

いいかえれば、ACEを阻害すると表せます。

従って、ACE 阻害薬に関する記述です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが

エプレレノンは

K保持利尿薬 もしくは アルドステロン拮抗薬 と呼ばれる薬の一種です。

アルドステロン受容体拮抗薬ですので

アルドステロンの分泌を抑制するわけではありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 1,2 です。