102-166 解説


166

ある薬物のアルブミンへの結合定数は10μmol/L-1、結合部位数は2である。この薬物のアルブミン結合に関するScatchardプロットを実線で表し、結合が競合的に阻害された場合を点線で表すとき、正しい図はどれか。1つ選べ。

ただし、図中のrはアルブミン1分子あたりに結合している薬物の分子数を、[Df]μmol/L)は非結合形薬物濃度を示す。



Scatchard プロットとは

r/Df = nK - Kr をグラフにしたもの のことです。

(これは知識として必要。)


ポイントは

r = n の時に y = 0 となる ということです。


言い換えれば

グラフを見て x 軸との交点の数値を読めば

それが n :結合部位数である、ということです。


結合部位数 n が 2 ということから

実線において、r/Df が 0 である時の r は

2 でなければいけません。


従って、正解は 2,4,6 のどれかです。



更に、競合阻害の場合

薬物濃度 Df が非常に大きくなれば

阻害の影響はなくなります。

(これは知識として必要。)


Df が大きい

→r/Df は 0 に近づく 

→y = 0 の付近で、Dfが大きいのだから、競合阻害の影響が小さい=点線と実線が一致していく

→選択肢 2,4 は誤り。



以上より、正解は 6 です。