102-169 解説


169

薬物相互作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 シクロスポリンの併用により、プラバスタチンの肝臓への移行が阻害され、その血中濃度は上昇する。

2 ノルフロキサシンの併用により、フルルビプロフェンの肝臓での代謝が阻害され、その薬理作用は増強される。

3 アスコルビン酸の併用により、サリチル酸の尿細管からの再吸収が阻害され、その腎クリアランスは大きくなる。

4 セントジョーンズワートの長期摂取により、ワルファリンの消失半減期が延長し、出血傾向が引き起こされる。

5 エリスロマイシンは、CYP3A4を不活性化し、フェロジピンの血中濃度を上昇させる。



選択肢 1 は、正しい記述です。

OATP 1B1 阻害の影響です。



選択肢 2 ですが

ニューキノロン+フルルビプロフェンの

薬力学的相互作用です。

共に GABA 受容体阻害作用があります。


薬物動態的な相互作用ではないため

肝代謝の阻害 といったメカニズムではありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが

アスコルビン酸とは、ビタミン C です。

すっぱいことからわかるように

尿を酸性に傾けます。


サリチル酸は

酸性環境下において、より分子形をとります。


以下、補足

(酸なので R-H の形。

イオン形になるためには、この-Hが外れてH+になる必要がある。

でも、酸性なので周りにすでにH+がいっぱいなので外れにくい。

だから分子形が多い。と考えると確実に判断できると思います。


一方で

「似てる環境でおちつくから

酸性環境では酸は分子のまま」とかでもOKです。

以上、補足。)


従って再吸収は促進されます。

その結果、腎排泄、すなわち

腎クリアランスは小さくなると考えられます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが

セントジョーンズワートは

CYP を「誘導」するサプリメントとして知られています。

代謝が促進され、半減期は短くなります。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい記述です。




以上より、正解は 1,5 です。




類題

99-270