102-173 解説


173

高分子及び高分子水溶液に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 天然高分子の分子量は不均一であるが、合成高分子は重合度が均一で分子量の分布はない。

2 高分子の性質は、高分子を構成するモノマーの種類や比率によって決まり、直鎖状、分枝状などの構造による影響を受けない。

3 等電点付近のpH領域において、タンパク質は分子が広がった状態となるため、溶液の粘度が高くなる。

4 高分子溶液のコアセルベーションは、相分離により高分子の濃厚な相と希薄な相に分かれる現象である。

5 極限粘度(固有粘度)は、高分子水溶液の還元粘度を濃度に対してプロットし、濃度→0となるように外挿した時の切片の値である。



選択肢 1 ですが

高分子において、分子量の分布がある程度あります。

そのため、平均分子量などで評価されます。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択水 2 ですが

構造による影響も受けます。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが

等電点であれば、分子内に

負電荷と正電荷をそれぞれもちます。


すると

分子内においてクーロン力で引きつけあい

コンパクトにまとまると考えられます。


高分子溶液は、高分子鎖が広がっている方が

全体がねばねばします。


これは、コップの中に水とある程度の量の 

とろっとしたのり or 納豆のかたまり を

入れた状態を想像するとわかりやすいかもしれません。


コップの底にそっとのりや納豆がいる分には

あんまり全体のさらさら度はかわらないですが

がっつり混ぜて全体に行き渡ると

とろっとした液体になるイメージです。


タンパク質の実験をしたことがある人なら

溶液に尿素とか加えて塩析させると

上澄がさらさらだったイメージで

理解しやすいのではないでしょうか。


以上より、等電点において

分子はコンパクトにまとまり

粘度が低くさらさらすると考えられます。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4,5 は、正しい記述です。




以上より、正解は 4,5 です。