102-180 解説


180

体温と発熱に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1 体温は延髄にある体温調節中枢によって調節される。

2 体温を変化させる生物学的因子の1つに月経周期がある。

3 インターロイキン-1は内因性発熱物質である。

4 体温調節中枢でのプロスタグランジンE2の産生が発熱に関与する。

5 発熱をきたす疾患の1つに膠原病がある。

 

発熱は感染をはじめ

種々の原因により引き起こされます。


体温の調節中枢は

視床下部にあります。


発熱物質として

サイトカインの一種である

インターロイキン1、インターロイキン6

などがよく知られています。


これらの物質は

間脳視床下部における

PGE2 の産生を促進します。


その結果

体温調節中枢における

体温のセットポイントを変更(上昇)させます。



以上をふまえ選択肢を検討すると

選択肢 1 の「延髄にある体温調節中枢」が

明らかに誤りです。



正解は 1 です。