102-181 解説


181

ネフローゼ症候群の治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 初期治療の基本は副腎皮質ステロイド薬である。

2 タンパク尿改善と静脈血栓予防に抗血小板薬が用いられる。

3 浮腫の改善には抗アルドステロン薬が第1選択薬となる。

4 高カリウム血症を併発するときは球形吸着炭が用いられる。

5 高コレステロール血症が持続する場合はエゼチミブが第1選択薬となる。



ネフローゼとは

腎障害によるタンパク透過性亢進に基づく

大量タンパク尿+低タンパク血症 を特徴とする症状のことです。

むくみなどがあらわれます。


腎障害なので

Na+/K+ の交換が不十分です。

この交換とは

Na+を原尿側から血液側へ

K+を血液側から原尿側へと

動かす流れです。


つまり

Na+ は血液へ再吸収されず

体外へ排出されるので低Na

K+ は原尿側へと動かないから

高 K+ となります。



選択肢 1,2 は、正しい記述です。



選択肢 3 ですが、むくみに対しては

フロセミドなどの利尿薬が用いられます。


(K保持してしまう)

抗アルドステロン薬 が第1選択ではありません。



選択肢 4 ですが

球形吸着炭とは、クレメジン等のことです。

慢性腎不全に対して、透析導入を遅らせる効果があります。

高 K 血症に対しての適用はありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが

高コレステロールに対しては

スタチンが第1選択となります。


小腸コレステロールトランスポーター阻害薬である

エゼチミブは、スタチンで

十分コレステロール低下できなかった時に

相乗効果を期待して用いられます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。