102-190 解説


190

EBMの実践において、臨床研究論文の批判的吟味を行う際の「外的妥当性」に該当するのはどれか。1つ選べ。

 

1 研究デザイン

2 被験者の割り付け方法

3 脱落者の取り扱い方法

4 統計解析方法

5 眼前の患者への適用の可否



同じことを同じ集団に対して行った時

結果が同様であることが

「内的妥当性」がある ということです。


一方で、その研究の成果が

目の前の患者さんに対して

どれだけ適用できるのか というのが

「外的妥当性」です。



内的妥当性の有無や程度は

よくデザインされた研究であることや

被験者の割り付け方法、脱落者の取り扱い方法

結果の解析方法などに依存します。


一方

外的妥当性の有無や程度は

研究論文と、目の前の患者の背景の違いなどに

依存します。



以上より、正解は 5 です。