102-191 解説


191

36歳女性。主婦。最近、左乳房の腫瘤に気付き、病院の乳腺外来を受診した。

身体所見:身長158cm。体重50kg。血圧128/70mmHg。左乳房の触診にて、内上方に1cm大の硬結を触知した。生理周期28日。

検査所見:尿所見 正常、末梢血検査 異常なし。

生化学的検査・腫瘍マーカー検査:CEA8.0ng/mL(正常値5.0ng/mL以下)、エストロゲン感受性(+)、プロゲステロン受容体(+)、HER2蛋白 陰性。

CEAcarcinoembryonic antigen

HER2human epidermal growth factor receptor type 2

検査の結果、外科的手術を行い、その後、薬物治療を行うこととなった。

この患者に適応となる薬物はどれか。2つ選べ。

 

1 トラスツズマブ

2 アナストロゾール

3 タモキシフェンクエン酸塩

4 フルベストラント

5 ゴセレリン酢酸塩



選択肢 1 ですが

トラスツズマブは

ヒトがん遺伝子 HER2/neu の遺伝子産物である

HER2 タンパクに特異的に結合することで

抗がん作用を示す抗がん剤です。


本問では

HER 2 タンパク陰性なので

適応にはなりません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが

アナストロゾールは

アロマターゼ阻害剤です。

閉経後乳がんに用いられます。


閉経の定義は

1年以上生理がないことです。

生理周期が 28 日とあるので、閉経していません。

従って、適応にはなりません。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが

フルベストラント(フェソロデックス)は

閉経後乳がんに適応を持つ、筋注で用いられる製剤です。


エストロゲン受容体の分解を促進する 

という作用機序です。


SERD(選択的エストロゲン受容体

ダウンレギュレーター)の一種です。

閉経していないので、適応にはなりません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい記述です。


ゴセレリンは、LH-RH アナログです。

性ホルモン放出ホルモンみたいなものだけど

結果的には

受容体の脱感作を引き起こして

「性ホルモンの分泌抑制」方向に働きます。



以上より、正解は 3,5 です。