102-192 解説


192

虚血性心疾患とその治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 労作性狭心症の発作の原因は、冠動脈の攣縮である。

2 不安定狭心症は、心筋梗塞に移行しやすい。

3 心筋梗塞発作後、数時間でST波の低下が認められる。

4 硝酸薬は耐性を生じることがあるため、テープ剤や軟膏剤の場合には休薬期間を設けることが推奨される。

5 β遮断薬は冠動脈が攣縮している狭心症の第1選択薬として用いる。



選択肢 1 ですが

労作性狭心症の原因は

冠動脈が動脈硬化などで狭くなっている状態において

激しい運動をすることによるものです。


酸素需要の増大に伴い、血流量が増えると

狭い道に車がいっぱい向かうと渋滞するように


血流が滞り、結果として

心筋の酸素不足により

胸の痛みなどを感じます。



選択肢 2 は、正しい記述です。

発作の回数や程度が一定していないものを

不安定狭心症と呼びます。



選択肢 3 ですが

心筋梗塞発作後 ST 上昇が見られます。


※心筋梗塞発症後 急性期(一週間まで)は

ST上昇→異常 Q 波出現→陰性 T 波 という流れが

心電図上で見られます。



選択肢 4 は、正しい記述です。



選択肢 5 ですが

冠動脈攣縮性の狭心症に対しては

Ca 拮抗薬が第一選択薬です。

よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 2,4 です。