102-193 解説


193

病態と生体リズムの関係について、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 喘息発作による呼吸困難が起きやすいのは、午後である。

2 高血圧症患者において血圧が最も高くなりやすいのは、夕方である。

3 歯の痛みが発現しやすいのは、正午頃である。

4 うつ病のうつ状態が最も強いのは、夕方である。

5 コレステロールの生合成が高まるのは、午前中である。



選択肢 1 ですが

喘息は、夜から明け方に症状が悪化しやすいことが

知られています。午後ではありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが

高血圧患者において

早朝に急激に血圧が上がる

morning surge や


正常であれば夜間に

血圧が相対的に下がるのですが

これがみられない non dipper など


日内変動における特徴が

知られるようになっています。

とはいえ、最も高くなりやすいのが夕方であるとは

本問の記述だけでは判断できないと考えられます。



選択肢 3 ですが

歯の痛みに日内変動は見られるようですが

原因などによっても変わるもので

判断できない記述と考えられます。



選択肢 4 ですが

一般的にうつ状態は朝が一番つらいです。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが

コレステロールの生合成は

夜間に亢進されることが知られています。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より

本問の正解を

1 つ選ぶことはできないと考えられます。


ちなみに

厚労省による正解は 2 です。