国試102回 問196~201

 

196-197

70歳男性。脳腫瘍の疑いがあり、ガドペンテト酸ジメグルミン注射液を造影剤として用いてMRI検査を行うこととなった。男性は、2型糖尿病と高血圧症と診断され、以下の薬を1年間継続的に服用している。

 

ロサルタンK50mg 11錠(11錠) 朝食後

メトホルミン塩酸塩錠250mg 11錠(12錠) 朝夕食後

シタグリプチンリン酸塩水和物錠50mg 11錠(11錠) 朝食後

MRI検査日1ヶ月前の検査値

血圧 154/86mmHg、ALT 12IU/L、AST 25IU/L、γ-GTP 27IU/L、eGFR 52mL/min/1.73m2HbA1c 6.7%

MRI検査日の検査値

血圧 143/83mmHg、ALT 34IU/L、AST 34IU/L、γ-GTP 43IU/L、eGFR 27mL/min/1.73m2HbA1c 7.0%

注)ガドペンテト酸ジメグルミン注射液の有効成分は、ガドペンテト酸メグルミンである。

 

196(実務)

この男性の検査は中止になった。その理由として考えられるのはどれか。1つ選べ。

 

1 肝機能が低下しているので、ガドペンテト酸を代謝できない。

2 糖尿病が悪化し、患者の全身状態が悪い。

3 腎機能が低下しているので、腎性全身性線維症の発現リスクが高い。

4 ガドペンテト酸メグルミンとメトホルミン塩酸塩により、乳酸アシドーシスが引き起こされる。

5 ガドペンテト酸メグルミンがロサルタンカリウムの作用を阻害する。

 

197(物理・化学・生物)

MRI及びMRI造影剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 MRIでは放射線を使用しないが、X線による被爆を受ける。

2 MRIでは、体内の水などの水素原子核の緩和時間の差を利用している。

3 MRIでは、ドップラー効果により血流速度を測定することができる。

4 ガドリニウム造影剤に含まれるGd3+イオンは、反磁性を示す。

5 硫酸バリウムはMRI造影剤として用いられる。

 

この問題の解説へ


 

198-199

38歳女性。肝内胆管がんと診断され、肝臓を部分切除した。患者は術後の回復期にあり、食事を経口的に摂取しはじめ、高カロリー輸液療法の離脱を目指している。また、肝性浮腫と痰のからみがあるため、図のような注射剤が投与されている。

 

198(実務)

患者はてんかんの内服薬を常用していたが、術後内服ができないため、フェニトインナトリウム注射液を11回投与しなければならない。以下の投与経路のうち、適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 Aのラインを止め、Eから生理食塩液10mL程度を管注(I.V.Push)した後に投与する。

2 Bのラインを止め、Eから管注(I.V.Push)する。

3 Cのラインを止め、Dから生理食塩液10mL程度を管注(I.V.Push)した後に投与する。

4 Cに混和して投与する。

5 注射用カンレノ酸カリウムと混和してDから管注(I.V.Push)する。

 

199(物理・化学・生物)

フェニトインは治療薬物モニタリング(TDM)対象薬であることから、イムノアッセイによる血中薬物濃度測定を行った。イムノアッセイに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 フェニトインなどの低分子は、サンドイッチ法により測定される。

2 モノクローナル抗体は、一般にポリクローナル抗体に比べて交差反応性が大きい。

3 化学発光イムノアッセイでは、標識物質に励起光を照射することで生じる発光を測定する。

4 免疫比濁法では、免疫複合体の形成により粒子が凝集する性質を利用している。

5 ELISAでは、抗原あるいは抗体を固定化した固相が用いられる。

 

この問題の解説へ


 

200-201

64歳男性。COPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断され、チオトロピウム臭化物水和物(15μg)とサルメテロールキシナホ酸塩(1100μg)の吸入を継続的に行っていた。日常の薬物治療のアドヒアランスは良好であった。

受診から2年後、この男性は呼吸困難と38.1℃の発熱を訴え、肺からはラ音が聞こえたため感染症が疑われ緊急入院となった。パルスオキシメーター(オキシメトリー)で測定したところSpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)は92%であった。

喫煙歴44年であり、若い頃から13040本吸っていた。COPD発症を機会に禁煙指導を受けていたが、110本程度吸っていたという。

酸素吸入の他に、憎悪期の薬物治療として医師は以下に示した処方薬と注射用抗菌薬を投与することとした。

(処方)

アミノフィリン注射液250mg

注射用プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム20mg

上記を生理食塩液250mLに溶解し、点滴静脈内投与

 

200(実務)

感染症の疑いにより投与される注射用抗菌薬として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 アジスロマイシン水和物

2 リネゾリド

3 アルベカシン硫酸塩

4 ベンジルペニシリンカリウム

5 バンコマイシン塩酸塩

 

201(物理・化学・生物)

酸素飽和度は以下の式で表される。

酸素飽和度を測定するオキシメトリーでは、酸素が結合したヘモグロビン(HbO2)と結合していないヘモグロビン(Hb)の吸光係数が異なることを利用している。図はHbO2Hbの吸光係数を表したグラフである。

ある血液試料の665nm880nmにおける吸光度(A665A880)を測定したところ、その比(A665/A880)が0.8となった。このとき、血液試料の酸素飽和度に最も近い値はどれか。1つ選べ。

ただし、測定においてランベルト・ベール(Lambert-Beer)の法則が成り立つものとし、吸光度にはHbHbO2のみが寄与するものとする。

 

1 89%

2 91%

3 94%

4 96%

5 99%

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る