国試102回 問202~207

 

202-203

25歳女性。テニスで上腕部の筋肉痛を自覚し、これに効く消炎鎮痛薬の貼付剤を購入する目的で薬局を訪れた。応対した薬剤師はこの女性から以下の4つの情報を聴取した。

・喘息の既往はない。

・現在、妊娠はしていない。

・貼付剤で皮膚がかぶれたことはない。

・以前に日焼け止め剤を使用して過敏症を発症したことがある。

 

202(実務)

薬局で購入できる貼付剤の成分のうち、この女性に推奨すべきでないのはどれか。1つ選べ。

 

1 ケトプロフェン

2 ロキソプロフェンナトリウム水和物

3 インドメタシン

4 フルルビプロフェン

5 フェルビナク

 

203(物理・化学・生物)

日焼け止め剤には、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が配合されている。ある紫外線吸収剤は共役系を持ち、その遷移エネルギーは360kJmol-1であった。この遷移エネルギーに相当する紫外線の波長(nm)として最も近いのはどれか。1つ選べ。

ただし、様々な物理定数は以下の値を用いることとする。

プランク定数 6.6×10-34Js

光速度 3.0×108ms-1

アボガドロ数 6.0×1023mol-1

 

1 240

2 270

3 300

4 330

5 360

 

この問題の解説へ


 

204-205

75歳男性。体重70kg。脳梗塞により右半身の麻痺があり、処方1の薬剤を服用していた。その後、嚥下機能が低下し誤嚥性肺炎を起こし入院したが、刻み食を食べることができるまでに回復した。血圧の上昇が認められたため、退院時に処方2が追加され、介護者が以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

(処方1

アスピリン腸溶錠100mg 11錠(11錠)粉砕

アラセプリル錠25mg 11錠(11錠)粉砕

ランソプラゾール口腔内崩壊錠15mg 11錠(11錠)

11回 朝食後 14日分

(処方2

ニフェジピン腸溶細粒2% 0.5g 11包(12包)

12回 朝夕食後 14日分

 

204(実務)

薬剤師の対応として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 腸溶錠の粉砕指示があるので処方医に疑義照会をする。

2 アスピリン腸溶錠は解熱鎮痛を目的として処方されていると説明する。

3 グレープフルーツジュースは服用時でなければ飲んでも構わないと説明する。

4 胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の既往の有無を確認する。

5 めまいが現れたら直ちにニフェジピンの服用を中止するように説明する。

 

205(物理・化学・生物)

腸溶性コーティングを目的とした高分子の模式図として最も適切なのはどれか。1つ選べ。なお、模式図中の官能基については、腸溶化の目的にかなう主要なもののみを示している。また、図中の波線は高分子鎖を示している。

 

 

この問題の解説へ


 

206-207

28歳男性。悪性軟部腫瘍の転移が判明し、病棟カンファレンスにおいてイホスファミドの投与が検討された。薬剤師は、イホスファミドによる治療及びメスナの投与に関して医療スタッフに説明を行った。

 

206(実務)

薬剤師の説明として正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 イホスファミドによる骨髄抑制を予防するために、メスナの投与が必要です。

2 メスナの投与により抗腫瘍効果が減弱するので、イホスファミドを増量する必要があります。

3 メスナの併用により脳症が現れることがあるので、観察を十分に行ってください。

4 イホスファミドは肝代謝により消失するので、腎機能の考慮は不要です。

5 イホスファミド投与開始の1時間前から頻回に、かつ大量の水分摂取を行わせてください。

 

207(物理・化学・生物)

メスナは、イホスファミドの代謝物であるアクロレインと反応し、化合物Aを生成する。化合物Aの構造式として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る