102-208209 解説


208-209

22歳女性。体重45kg。アセトアミノフェンを含有するOTC医薬品を大量に服用し、救急搬送されてきた。服用後約4時間が経過しており、アセトアミノフェンの摂取量から、解毒薬としてアセチルシステイン内用液17.6%の投与が必要と判断された。

 

208(実務)

投与する用量として、添付文書には「本剤又は本剤を希釈した液を、初回にアセチルシステインとして140mg/kg、次いでその4時間後から70mg/kg4時間毎に17回、計18回経口投与する。」と記載されている。

投与されるアセチルシステイン内用液17.6%の総量(mL)として最も近いのはどれか。1つ選べ。

 

1 34

2 170

3 340

4 1,700

5 3,400

 

45kg なので

初回 140 × 45 = 6300mg


以降、70 × 45 = 3150

3150 × 17 = 53550mg


となり、合わせて

約 60000mg = 60g が必要です。


濃度が 17.6 % なので

選択肢に注目すると

340 mL であれば、大体 60g です。

(1mL = 1g として

340 × 0.176 ≒ 340 × 0.18 は、大体 60ぐらい)



以上より、正解は 3 です。



209(物理・化学・生物)

アセトアミノフェンが大量投与された際に生じる代謝物Aは、グルタチオンとの間で付加体を生じる。この付加体の構造式として最も適切なのはどれか。1つ選べ。



グルタチオンは

チオール基(-SH)に色々なものをくっつけます。

(この反応は、グルタチオン-S-トランスフェラーゼにより触媒されます。)


選択肢 1,2,3 は

SH基がそのまま残っているので

誤りと考えられます。


従って

正解は 4 か 5 です。



また、選択肢 5 は

代謝物 A の O が一つなくなっており

これだと付加反応ではなく

置換反応になり、不適切と考えられます。



以上より、選択肢 4 が正解です。