102-212213 解説


212-213

70歳女性。

下記の生薬を含む漢方エキス細粒(釣藤散)の処方箋を持って薬局に来局した。

なお、処方量は常用量である。

釣藤散

生薬名  1日量

セッコウ 5g

チンピ 3g

バクモンドウ 3g

ハンゲ 3g

ブクリョウ 3g

ショウキョウ 1g

チョウトウコウ 3g

ニンジン 2g

ボウフウ 2g

キクカ 2g

カンゾウ 1g

 

212(実務)

この漢方処方から考えられる患者の症状又は疾患はどれか。2つ選べ。

 

1 頭痛

2 インフルエンザ

3 高血圧

4 アトピー性皮膚炎

5 便秘

 

釣藤散なので
高血圧、頭痛などが考えられます。
選択肢の中から選ぶとすれば
1,3です。


ちなみに、選択肢 2 ですが
インフルエンザといえば麻黄湯です。

ただし、漢方薬はあくまでも
その人の証に着目することで処方を決めます。

そのため、同じインフルエンザでも
麻黄湯を用いるべき場合と
使うべきでない場合がある点に注意が必要です。


選択肢 4,5 ですが
アトピー性皮膚炎や便秘に対して
症状のみからこれだという代表的処方は
特にありません。


以上より、正解は 1,3 と考えられます。


213(物理・化学・生物)

釣藤散の構成生薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 チョウトウコウは、アルカロイドであるヒルスチンを含有する。

2 セッコウは、天然の含水硫酸カルシウムである。

3 ショウキョウは、辛味成分であるリモニンを含有する。

4 ボウフウは、フラボノイドであるアコニチンを含有する。

5 カンゾウは、ジテルペンサポニンであるグリチルリチン酸を含有する。



選択肢 1,2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが

ショウキョウは、漢字で書くと生姜です。

ショウガ、ジンジャーとして知られています。

有効成分は、ジンゲノール、ショウガオールなどです。


ちなみに

リモニンは、柑橘類に含まれる

「苦味成分」の一種です。

辛味成分では、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが

アコニチンは、アルカロイド系

(窒素含有物ということ)の猛毒です。


ちなみに

フラボノイドとは

ベンゼン環 2 個を、3 個の炭素でつないだ

ジフェニルプロパン構造を有する化合物の

総称です。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが

カンゾウの有効成分は

サポニンの一種である、グリチルリチンなどです。


サポニンとは

トリテルペン 及びステロイド配糖体の総称です。

従って「ジテルペン」ではありません。



以上より、正解は 1,2 です。