国試102回 問220~225

 

220-221

22歳女性。統合失調症のため病院の精神科へ通院している。母親が薬局を訪れ、「娘が薬を時々飲み忘れて、症状が安定しないことから、リスペリドン持効性懸濁注射液を注射された。」と薬剤師に伝えた。

また、母親は下記の処方箋を見て、注射剤と同じ薬物が内服薬としても処方されていることに疑問をもち、今後の薬物治療について薬剤師に質問した。

(処方)

リスペリドン錠2mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 21日分

なお、リスペリドン持効性懸濁注射液の添付文書には、次の2つのグラフが掲載されている(一部改変)。


 

220(実務)

母親に対する薬剤師の説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 症状が重くなったので、持効性懸濁注射液と内服薬を併用しています。

2 持効性懸濁注射液の効果は、投与3週間を過ぎたころから現れることから、それまでは内服薬も服用します。

3 症状が安定するようであれば、今後、注射は2週間毎になります。

4 持効性懸濁注射液の効果が十分でない場合は、本剤を静脈内に投与される場合があります。

 

221(物理・化学・生物)

統合失調症では、様々な神経伝達物質との関連が示唆されている。神経伝達物質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ノルアドレナリンの水酸化によりドパミンが生合成される。

2 ドパミンは、酸化的脱アミノ化と水酸基のメチル化により代謝される。

3 セロトニンは、フェニルアラニンの水酸化と脱炭酸反応により生合成される。

4 グルタミン酸は、アスパラギン酸のアミノ基がオキサロ酢酸に転移されて生合成される。

5 グルタミン酸受容体は、イオンチャネル型と代謝調節型に分類される。

 

この問題の解説へ


 

222-225

50歳男性。体重60kg。重症感染症のため一時的に高カロリー輸液ソフトバッグ製剤(1,003mL中にブドウ糖175g、総遊離アミノ酸30gを含有)を中心静脈から投与することになった。この男性の腎機能は正常である。

 

222(実務)

非タンパク質性カロリー(kcal/窒素(g)比(NPC/N)の値として最も近いのはどれか。1つ選べ。ただし、アミノ酸は16%の窒素を含むものとする。

 

1 125

2 150

3 175

4 200

5 225

 

223(物理・化学・生物)

グルコースとアミノ酸を混合した場合、化学反応が起こることがある。反応速度定数をkとするのような反応において、反応速度vのように表されるとき、以下の記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

ただしADは物質を、adは化学量論係数を表す。また、[A][D]はそれぞれADの濃度を表すものとする。

 

1 p=a, q=bの関係式が常に成り立つとは限らない。

2 p,qは必ず正の整数である。

3 各物質量の変化に注目すると下のような関係式が成り立つ。

4 kは反応条件によって変化するが、反応物の濃度には無関係な値である。

 

224(実務)

高カロリー輸液療法を施行するにあたって、高カロリー輸液の基本液として、糖質、電解質、アミノ酸及び総合ビタミンを含有するキット製剤を用いることとした。このとき、以下の記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 高カロリー輪液を末梢静脈から投与すると、静脈炎が起こりやすい。

2 糖とアミノ酸で十分なカロリーを投与できる場合は、脂肪乳剤は投与しない方がよい。

3 調製後の高カロリー輸液を投与するときは、遮光カバーで被覆する。

4 腎機能が低下している場合は、微量元素の添加量を増量する。

5 基本液のブドウ糖濃度は、10%以下に調整されている。

 

225(物理・化学・生物)

血液中でのグルコースによる糖化反応に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 グルコースの3位または4位のヒドロキシ基が糖化反応に関与する。

2 グルコースは、ヘモグロビンAの主にC末端カルボキシ基に結合する。

3 グルコースによるヘモグロビンAの糖化反応は、非酵素的に起こる。

4 血中アルブミンは、グルコースにより糖化される。

5 糖化ヘモグロビンAHbA1c)値(%)は、血糖値の急激な変化を知るための指標として、糖尿病が急速に悪化した時の診断に利用される。

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る