102-236237 解説


236-237

ある病院において、予防接種の頻度が上がり、患者からの薬剤部への問い合わせ件数も増加したため、ワクチンの接種法及び接種時期について確認作業を行った。

 

236(実務)

予防接種に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 複数のワクチンを同時に接種する場合には、上腕と大腿など穿刺部位を離してから注射する。

2 不活化ワクチンの接種後に別の疾患に対するワクチンを接種する場合は、生ワクチンの接種後に比べ接種間隔を長くあける必要がある。

3 生ワクチンには有効期間が定められているが、不活化ワクチンには定められていない。

4 生ワクチン、不活化ワクチンのいずれの場合も、接種後に副反応が生じることがあるので30分程度様子を見ることが必要である。

 

生ワクチンは

生きた菌やウイルスの毒性を弱めたものです。

 

不活化ワクチンは

菌やウイルスを殺した上で

免疫に必要な成分を取り出したものです。

 

 

選択肢 1 は、正しい記述です。

接種部位の局所反応が出た時に

重ならないように、穿刺部位を離して注射します。

 

 

選択肢 2 ですが

 

原則 

生ワクチンは4週開けて

不活化ワクチンは1週間開ける。

 

同一ワクチンの複数回摂取については

それぞれのワクチン毎に違うことがある 

となっています。

 

「不活化ワクチン」と

「生ワクチン」が逆です。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 


※ 補足。同時接種について。


ワクチンの「同時接種」はOKです。

複数摂取により

それぞれのワクチンの効果は減弱しないし

副作用の頻度は上がらない とされています。



つまり

1回のワクチン接種では

何種類同時にやってもよく


その中に生ワクチンが入っていれば

次の予防接種は4週間あける。

不活化ワクチンのみの予防接種であれば

次の予防接種は1週間あける。

というスケジュールをとります。



ワクチンの接種すべき時期があるので

あらゆるワクチンを

一度に接種することはできないのですが


同時期に接種すべきワクチンについては

忘れずに、かつできるだけ早くに免疫を獲得するために

同時接種が行われています。


※ 補足 終わり。

 

 

選択肢 3 ですが

有効期間とは

ワクチンによる免疫が有効である期間です。

一般的に生ワクチンの方が長いです。

不活化ワクチンにも、有効期間はあります。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

 

以上より、正解は 1,4 です。



237(衛生)

予防接種法に基づく定期の予防接種に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 高齢者の肺炎球菌感染症は予防接種法におけるB類疾病に含まれ、65歳以上になると、肺炎球菌ワクチンは毎年度1回ずつ接種することができる。

2 ポリオ(急性灰白髄炎)のワクチンは、ジフテリア、百日咳、破傷風のワクチンとともに、4種混合ワクチンとして接種される。

3 麻しん・風しん混合ワクチンは、免疫効果が強い生ワクチンなので、生後1224ヶ月の間に1回のみ接種される。

4 水痘は予防接種法におけるA類疾病に分類され、そのワクチンとしては弱毒生ワクチンが用いられる。

5 インフルエンザ菌b型(Hib)に対するワクチンは、インフルエンザウイルスに対しても効果を示す。



選択肢 1 ですが

予防接種法に基づく A 類疾病とは

集団感染を予防するために

予防接種を行う疾病のことです。

 

一方、 B 類疾病とは

個人感染を予防するために

予防接種を行う疾病のことです。

 

高齢者の肺炎球菌感染症は

B 類疾病に含まれます。

5年ごとに接種対象となります。

「毎年1回ずつ」では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 3 ですが

麻しん・風しん混合ワクチン(MR)は

生ワクチンです。

 

1歳の誕生日 及び 小学校就学前の1年間に

2回接種します。

「1回のみ」では、ありません。

 

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

 

 

 

選択肢 5 ですが

インフルエンザ菌とウイルスは別ものです。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,4 です。