国試102回 問238~245

 

238-239

40歳男性。喫煙歴20年、気管支ぜん息の治療のためテオフィリン製剤を服用している。最近、ぜん息症状が悪化してきたこともあり禁煙を試みたいと薬局を訪れた。薬剤師は、ニコチンガム、ニコチンパッチ及びバレニクリン酒石酸塩錠について情報提供を求められた。

 

238(実務)

薬剤師が禁煙とその治療薬について説明する内容として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 禁煙したときのつらさは、ニコチン離脱症状により起こります。

2 いずれの薬も医師の処方箋が必要です。

3 ニコチンパッチは、禁煙開始前から使用することができます。

4 コーヒーや炭酸飲料を飲んだあとニコチンガムを使用すると、ニコチンが吸収されやすくなるので注意が必要です。

5 バレニクリン酒石酸塩錠は、喫煙に代わってニコチンを補充する薬剤ではありません。

 

239(衛生)

たばこの煙と喫煙に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 喫煙によりシトクロムP450のうち、主にCYP3A4が誘導される。

2 テオフィリン製剤を服用している喫煙者が禁煙すると、テオフィリンの血中濃度が低下する可能性がある。

3 たばこの煙には、一酸化炭素や窒素酸化物が含まれている。

4 妊娠中の喫煙は、低体重児の出産のリスクを高める。

5 アルコールを摂取すると、喫煙によって誘導されるのと同じCYP分子種が誘導される。

 

この問題の解説へ


 

240-241

学校薬剤師が中学校の校長から薬物乱用防止教室の講師を依頼された。

 

240(実務)

講義での説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 近年の薬物乱用の特徴として覚醒剤の使用が減少しています。

2 乱用される薬物の多くは、繰り返し使用していると耐性という現象が起こり、徐々に使用量が増えていきます。

3 危険ドラッグの依存性は大麻や覚醒剤と比べると強くありません。

4 覚醒剤とは異なり、危険ドラッグは使用をやめた後に禁断症状がでることはありません。

5 危険ドラッグには、麻薬や覚醒剤と同様に、多幸感を高め幻覚作用を起こす成分が含まれていることがあります。

 

241(衛生)

危険ドラッグに含まれる可能性が高い薬物を幅広く規制するため、基本骨格が同じ物質を一括して指定する「包括指定」が活用されている。包括指定される指定薬物の基本骨格に該当するのはどれか。2つ選べ。

 

 

この問題の解説へ


 

242-243

学校薬剤師が小学校の水道水の水質検査を行った。結果は以下の通りであった。

 

242(実務)

学校薬剤師が採水の現場で測定すべき項目はどれか。2つ選べ。

 

1 一般細菌

2 大腸菌

3 全有機炭素

4 臭気

5 遊離残留塩素

 

243(衛生)

この水道水の水質検査に関する次の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 大腸菌は検出されていないが、一般細菌が検出されているので、水質基準を満たしていない。

2 塩化物イオン濃度は、し尿等の混入があると値が増加する。

3 全有機炭素(TOC)の測定値は、水道水中の還元性無機イオンの影響を受けにくい。

4 トリハロメタンの濃度が高いと色度、濁度のいずれも高くなる。

5 遊離残留塩素が水質基準を超えているため、このままでは飲料に適さない。

 

この問題の解説へ


 

244-245

病院薬剤部において高カロリー輸液の調製を行う際に排出される廃棄物の処理方法を検討することとなった。

 

244(実務)

廃棄にあたり感染性廃棄物と同等に取扱うべきものはどれか。2つ選べ。

 

1 薬液をとって空になったガラス製アンプル

2 薬液をとる際に用いた注射筒(シリンジ)

3 薬液をとる際に用いた注射針

4 バイアルゴム栓のアルコール消毒に用いたガーゼ

5 調製時に用いたプラスチックグローブ

 

245(衛生)

感染性廃棄物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 薬剤師は、感染性廃棄物に係る特別管理産業廃棄物管理責任者になることができる。

2 感染性廃棄物は滅菌処理した後も、全て指定された容器に分別しなければならない。

3 感染性産業廃棄物の処理は、指定を受けた契約業者に委託するためマニフェスト制度の対象外である。

4 感染性廃棄物を入れる容器にはバイオハザードマークを付けるか、感染性廃棄物であることを明記する必要がある。

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る