102-242243 解説


242-243

学校薬剤師が小学校の水道水の水質検査を行った。結果は以下の通りであった。

 

242(実務)

学校薬剤師が採水の現場で測定すべき項目はどれか。2つ選べ。

 

1 一般細菌

2 大腸菌

3 全有機炭素

4 臭気

5 遊離残留塩素

 

現場で測定するのは

残留塩素です。

分析原理は、DPD 吸光光度法です。

 

現場で測定する理由としては

塩素が揮発してしまうため

時間をおくと値が小さくなってしまう点が

あげられます。

 

 

選択肢の中で

他に現場で測定することが適切であるのは

臭気であると考えられます。

測定も簡便である点も判断材料になると思います。



以上より、正解は 4,5 です。


243(衛生)

この水道水の水質検査に関する次の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 大腸菌は検出されていないが、一般細菌が検出されているので、水質基準を満たしていない。

2 塩化物イオン濃度は、し尿等の混入があると値が増加する。

3 全有機炭素(TOC)の測定値は、水道水中の還元性無機イオンの影響を受けにくい。

4 トリハロメタンの濃度が高いと色度、濁度のいずれも高くなる。

5 遊離残留塩素が水質基準を超えているため、このままでは飲料に適さない。



選択肢 1 ですが

一般細菌は 100集落/ml 以下であればOKです。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は、正しい記述です。


 

選択肢 4 ですが

トリハロメタンは無色無味無臭です。

従って、濃度が高くなっても

色度や濁度は変わりません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

遊離残留塩素の基準は

0.1mg/L 以上です。


ある程度以上の濃度の塩素が存在することにより

消毒作用を十分に持ちます。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。