国試102回 問246~251

 

246-247

53歳男性。尿酸値が高く、3週間前より処方1で治療を開始。その2週間後、尿酸値が改善されなかったので処方2及び処方3が追加となった。

(処方1

フェブキソスタット錠10mg 11錠(11錠)

11回 夕食後 14日分

(処方2

ベンズブロマロン錠25mg 11錠(1l錠)

11回 夕食後 14日分

(処方3

クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合錠 12錠(16錠)

13回 朝昼夕食後 14日分

処方2及び処方3を追加して7日後、患者より「新年会が続き、ビールを飲む量が増えており、足の親指が腫れて激しい痛みが生じてきた。」との訴えがあった。

 

246(実務)

この場合の処置として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 フェブキソスタットを40mgに増量する。

2 ベンズフロマロンを50mgに増量する。

3 フェブキソスタットを40mgに増量し、ベンズブロマロンを50mgに増量する。

4 フェブキソスタットとベンズブロマロンを中止し、コルヒチンを追加する。

5 処方1、処方2及び処方3はそのままで、インドメタシンを追加する。

 

247(薬理)

処方された薬物及び前問で挙げた薬物の作用機序として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 プロスタグランジンE2の産生を抑制する。

2 尿酸を酸化してアラントインと過酸化水素に分解する。

3 代謝物のオキシプリノール(アロキサンチン)がキサンチンオキシダーゼを阻害する。

4 腎臓の尿細管において尿酸トランスポーターを阻害する。

5 T細胞のチューブリンに結合し、微小管の脱重合を抑制して安定化する。

 

この問題の解説へ


 

248-249

26歳女性。妊娠30週。妊娠高血圧症候群で経過観察中、切迫早産のため入院し、以下が処方された。

(処方1

リトドリン塩酸塩注射液(50mg/アンプル 1本) 50mg

10%マルトース注射液 500mL

30mL/hで点滴静注

(処方2

メチルドパ錠250mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 3日分

 

248(実務)

処方薬の副作用として生じる可能性が高いのはどれか。2つ選べ。

 

1 光線過敏

2 血清カルシウム低下

3 高血糖

4 血小板数増加

5 起立性低血圧

 

249(薬理)

処方2の作用機序に関する記述として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 アドレナリンβ1受容体を選択的に遮断することにより、心拍出量を減少させる。

2 エンドセリンETA受容体を遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる。

3 アドレナリンα1受容体を選択的に遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる。

4 中枢性のアドレナリンα2受容体を刺激することにより、交感神経活性を低下させる。

5 ドパミンに変換されてドパミンD2受容体を刺激することにより、交感神経活性を低下させる。

 

この問題の解説へ


 

250-251

72歳男性。腎実質性高血圧症で循環器内科を受診し、以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

循環器内科

(処方1

エホニジピン塩酸塩エタノール付加物錠20mg 11錠(11錠)

イミダプリル塩酸塩錠5mg 11錠(11錠)

11回 朝食後 28日分

 

お薬手帳で併用薬を確認したところ、他の医療機関(消化器内科)で処方された以下の薬を服用中であった。患者は消化器内科の薬について、循環器内科の医師に伝えていないとのことであった。

薬剤師として処方医(循環器内科)に併用薬の情報提供と処方内容の確認が必要と考えた。

 

消化器内科

(処方2

ラニチジン錠75mg 11錠(12錠)

12回 朝食後、就寝前 28日分

(処方3

テルミサルタン錠40mg 11錠(11錠)

11回 朝食後 28日分

 

250(実務)

処方1、処方2及び処方3が併用投与された場合、生じる可能性が最も高い事象はどれか。1つ選べ。

 

1 イミダプリル塩酸塩とテルミサルタンの併用による血清カリウムの上昇

2 イミダプリル塩酸塩とテルミサルタンの併用による乳房腫脹

3 エホニジピン塩酸塩エタノール付加物とラニチジンの併用による血清カルシウムの低下

4 エホニジピン塩酸塩エタノール付加物とラニチジンの併用による振戦

5 エホニジピン塩酸塩エタノール付加物とテルミサルタンの併用による高血糖

 

251(薬理)

前問の「生じる可能性が最も高い事象」の発現機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 LCa2+チャネル遮断

2 ドパミンD2受容体遮断

3 ヒスタミンH2受容体遮断

4 アルドステロン分泌抑制

5 インスリン分泌抑制

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る