102-246247 解説


246-247

53歳男性。尿酸値が高く、3週間前より処方1で治療を開始。その2週間後、尿酸値が改善されなかったので処方2及び処方3が追加となった。

(処方1

フェブキソスタット錠10mg 11錠(11錠)

11回 夕食後 14日分

(処方2

ベンズブロマロン錠25mg 11錠(1l錠)

11回 夕食後 14日分

(処方3

クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合錠 12錠(16錠)

13回 朝昼夕食後 14日分

処方2及び処方3を追加して7日後、患者より「新年会が続き、ビールを飲む量が増えており、足の親指が腫れて激しい痛みが生じてきた。」との訴えがあった。

 

246(実務)

この場合の処置として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 フェブキソスタットを40mgに増量する。

2 ベンズフロマロンを50mgに増量する。

3 フェブキソスタットを40mgに増量し、ベンズブロマロンを50mgに増量する。

4 フェブキソスタットとベンズブロマロンを中止し、コルヒチンを追加する。

5 処方1、処方2及び処方3はそのままで、インドメタシンを追加する。

 

治療が開始されていた状態で

痛風発作がおきています。

 

本試験時

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」によれば

発作時には

NSAIDsパルス療法

(短時間に比較的多量投与)が

推奨されています。

 

また、痛風発作時に

尿酸値を下げる薬を増量してしまうと

痛風の痛みを悪化させてしまうおそれがあります。

 

※既に治療が開始されていた場合

痛風発作時も、原則、治療薬を継続して服用しつつ

痛み止め等が追加される 

といった対応になります。

 

 

以上をふまえ、各選択肢を検討します。

 

 

選択肢 1 ~3 は

治療薬を増量しています。


尿酸値が発作時に下がり

痛みの悪化につながりかねず

不適切と考えられます。

 

 

選択肢 4 ですが

コルヒチンは

発作前兆期や、予防的に用いられます。


追加してコルヒチンを

投与するのはありえるのですが

その際は、治療薬を継続して服用しつつ

コルヒチンが追加されると考えられます。

 

すなわち

フェブキソスタットと

ベンズブロマロンを中止し 

という点が明らかに誤りと考えられます。

 

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい選択肢です。

痛み止めを追加しています。




以上より、正解は 5 です。

 


247(薬理)

処方された薬物及び前問で挙げた薬物の作用機序として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 プロスタグランジンE2の産生を抑制する。

2 尿酸を酸化してアラントインと過酸化水素に分解する。

3 代謝物のオキシプリノール(アロキサンチン)がキサンチンオキシダーゼを阻害する。

4 腎臓の尿細管において尿酸トランスポーターを阻害する。

5 T細胞のチューブリンに結合し、微小管の脱重合を抑制して安定化する。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

 

PG の産生を抑制する、とは

COX 阻害剤の作用機序です。

インドメタシンが該当します。

 

 

選択肢 2 ですが

尿酸を酸化し

アラントインと過酸化水素に分解する とは

ラスプリカーゼ の作用機序です。

 

ラスプリカーゼは

がん化学療法に伴う高尿酸血症に対して

用いられる、点滴静注剤です。

 

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

代謝物がキサンチンオキシダーゼを阻害するのは

XO阻害薬の中でも、アロプリノールです。

 

ちなみに

非プリン型の XO 阻害薬であるフェブリクは

非競合的 アロステリック阻害による

「選択的」キサンチンオキシダーゼ阻害薬です。

 

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい選択肢です。

尿酸トランスポーターを阻害し

尿酸の再吸収を阻害するのが

ベンズブロマロンです。

 

 

選択肢 5 ですが

チューブリンに結合し

微小管脱重合を抑制して安定化させるのは

コルヒチンです。

 

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

 

以上より、正解は 1,4 です。