102-248249 解説


248-249

26歳女性。妊娠30週。妊娠高血圧症候群で経過観察中、切迫早産のため入院し、以下が処方された。

(処方1

リトドリン塩酸塩注射液(50mg/アンプル 1本) 50mg

10%マルトース注射液 500mL

30mL/hで点滴静注

(処方2

メチルドパ錠250mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 3日分

 

248(実務)

処方薬の副作用として生じる可能性が高いのはどれか。2つ選べ。

 

1 光線過敏

2 血清カルシウム低下

3 高血糖

4 血小板数増加

5 起立性低血圧


249(薬理)

処方2の作用機序に関する記述として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 アドレナリンβ1受容体を選択的に遮断することにより、心拍出量を減少させる。

2 エンドセリンETA受容体を遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる。

3 アドレナリンα1受容体を選択的に遮断することにより、血管平滑筋を弛緩させる。

4 中枢性のアドレナリンα2受容体を刺激することにより、交感神経活性を低下させる。

5 ドパミンに変換されてドパミンD2受容体を刺激することにより、交感神経活性を低下させる。



問248、249 解説


切迫早産に対し

β2 作動薬で

子宮収縮抑制作用を持つリトドリンが


高血圧に対して 

α2 受容体を刺激する 

中枢性降圧薬であるメチルドパが

それぞれ処方されています。

 

 

リトドリンの代表的な

副作用の 1 つが高血糖です。

妊娠高血糖の状態では

使用がだめな薬です。

 

 

メチルドパが降圧薬なので

下げすぎた際の「起立性低血圧」が

可能性の高い副作用と考えられます。

 

 

冒頭の通り

メチルドパは、「α2 受容体刺激薬」です。

 

 

ちなみに

問249の他の選択肢ですが


1:β1 選択的遮断薬といえば

ビソプロロール(メインテート)などです。


2:ETA 遮断といえば

肺動脈性肺高血圧症に用いられる

アンブリセンタン(ヴォリブリス)です。


3:α1 選択的遮断薬といえば

ドキサゾシン(カルデナリン)などです。


5:ドパミンに変換されて といえば

レボドパです。

 

 

以上より

問248の正解は 3,5

問249の正解は 4 です。