102-256257 解説


256-257

65歳男性。COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療のため、以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

(処方1

インダカテロールマレイン酸塩吸入用カプセル150μg 全28カプセル

11カプセル 11回 朝吸入

(処方2

チオトロピウム臭化物水和物2.5μg吸入用カートリッジ60吸入 全1

12吸入 11回 就寝前吸入

 

256(実務)

この処方薬で、注意すべき副作用はどれか。2つ選べ。

1 口渇

2 肺炎

3 口腔カンジダ症

4 動悸

5 血清カリウム濃度上昇

 

257(薬理)

前問の「注意すべき副作用」の発現機序として誤っているのはどれか。2つ選べ。

 

1 心臓におけるアドレナリンβ1受容体の刺激

2 傍糸球体細胞におけるアドレナリンβ2受容体の刺激

3 心臓におけるアセチルコリンM2受容体の遮断

4 唾液腺におけるアセチルコリンM3受容体の遮断

5 T細胞でのサイトカイン産生抑制による免疫抑制



問256,257 解説


共に吸入薬です。

インデカテロール(オンブレス)は

いわゆる LABA です。

(LABA:長時間 作用型 β 刺激薬)

使用は1日1回でOKです。


β2 により選択的に作用するのですが

β作用がないわけではありません。



チオトロピウム(スピリーバ)は

いわゆる LAMA です。

(LAMA:長時間作用型 吸入抗コリン薬)


吸入だけあって、局所の口渇注意。

また、動悸もある。

 

 

以上より

問256の正解は 1,4

問257の正解は 2,5 と考えられます。



※問257の選択肢 2 は

β2 刺激 という作用機序は処方薬と一致しますが

糸球体なので、腎臓の話をしており


問256で選んだ副作用と対応しておらず誤りと

考えられます。