国試102回 問258~263

 

258-259

36歳女性。乳がん手術後、以下の薬物療法が開始された。

(処方)

1)( A )錠10mg 12錠(12錠)

11回 朝食後 28日分

2)( B )注射用3.75mg 全1

13.75mg 4週間ごとに1回 皮下注射

この処方の服薬指導として、( A )は、子宮体がんのリスクを上げるため、定期的な検査を行うよう患者に指導した。また、( B )は、ほてりやのぼせ、抑うつなどの更年期症状がみられることがあると患者に説明した。

 

258(実務)

A )と( B )に当てはまる薬剤はどれか。2つ選べ。

 

1 リュープロレリン酢酸塩

2 レトロゾール

3 トラスツズマブ

4 タモキシフェン

5 テガフール

 

259(薬理)

A )の薬物の作用機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 乳腺のエストロゲン受容体(ER)を遮断する。

2 ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)を遮断する。

3 アロマターゼを阻害する。

4 活性酸素を発生させ、DNA鎖を切断する。

5 ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)受容体を刺激する。

 

この問題の解説へ


 

260-261

38歳男性。急性リンパ性白血病と診断され、以下の化学療法が開始された。

(処方1

注射用シクロホスファミド水和物1,200mg/m2(無水物換算) 3時間で点滴静注 Day 1

(処方2

注射用ダウノルビシン塩酸塩60mg/m2 1時間で点滴静注 Day 13

(処方3

注射用ビンクリスチン硫酸塩1.3mg/m2 静注 Day 1, 8, 15, 22

(処方4

注射用アスパラギナーゼ3000U/m2 3時間で点滴静注 Day 9, 11, 13, 16, 18, 20

(処方5

プレドニゾロン錠60mg/m2 分2 経口 Day 121

 

260(実務)

上記化学療法に対して、支持療法が必要である。支持療法として使用する薬物として優先順位が最も低いのはどれか。1つ選べ。

 

1 フィルグラスチム

2 グラニセトロン

3 アロプリノール

4 ピタバスタチン

5 メロペネム

 

261(薬理)

前問の支持療法に用いる薬物の作用機序で、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 尿酸トランスポーターを阻害する。

2 DNAをアルキル化し、DNA合成を阻害する。

3 セロトニン5'-HT3受容体を遮断する。

4 G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)受容体を刺激する。

5 PPARγ(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ)を阻害する。

 

この問題の解説へ


 

262-263

50歳女性。発熱、咽頭痛を主訴として受診し、入院することとなった。入院時に薬剤師が持参薬を確認したところ、下記の薬剤を服用していることが分かった。服薬コンプライアンスは良好であった。

入院時検査値:体温 38.7℃、血圧 108/72mmHg

赤血球数 180×104/μL、白血球数 2,200/μL、血小板 3×104/μL

血清クレアチニン値 0.7mg/dLBUN 18mg/dLAST 25IU/LALT 30IU/L

空腹時血糖値 96mg/dL

Na 140mEq/LK 4.2mEq/LMg 2mEq/L

胸部X線検査では肺に異常所見なし。


持参薬の内容

(薬袋1

リセドロン酸Na17.5mg 11錠(11錠)

毎週月曜日11回 朝起床時 2日分(投与実日数)

(薬袋2

プレドニゾロン錠5mg 1回半錠(1日半錠)

11回 朝食後 14日分

(薬袋3

メトトレキサートカプセル2mg 14カプセル(18カプセル)

毎週月曜日12回 朝夕食後 2日分(投与実日数)

(薬袋4

酪酸菌錠(宮入菌として)20mg 11錠(13錠)

スクラルファート細粒90% 11g13g

13回 朝昼夕食後 14日分

 

262(実務)

薬剤師は、この女性の検査所見より、服用中の薬剤の副作用を疑った。原因となった可能性の高い持参薬はどれか。1つ選べ。

 

1 リセドロン酸Na17.5mg

2 プレドニゾロン錠5mg

3 メトトレキサートカプセル2mg

4 酪酸菌錠(宮入菌として)20mg

5 スクラルファート細粒90%

 

263(薬理)

前問の「原因となった可能性の高い持参薬」の標的分子として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 グルココルチコイド受容体

2 シクロオキシゲナーゼ

3 カルシニューリン

4 ジヒドロ葉酸還元酵素

5 ファルネシルピロリン酸合成酵素

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る