102-258259 解説


258-259

36歳女性。乳がん手術後、以下の薬物療法が開始された。

(処方)

1)( A )錠10mg 12錠(12錠)

11回 朝食後 28日分

2)( B )注射用3.75mg 全1

13.75mg 4週間ごとに1回 皮下注射

この処方の服薬指導として、( A )は、子宮体がんのリスクを上げるため、定期的な検査を行うよう患者に指導した。また、( B )は、ほてりやのぼせ、抑うつなどの更年期症状がみられることがあると患者に説明した。

 

258(実務)

 A )と( B )に当てはまる薬剤はどれか。2つ選べ。

 

1 リュープロレリン酢酸塩

2 レトロゾール

3 トラスツズマブ

4 タモキシフェン

5 テガフール


259(薬理)

 A )の薬物の作用機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 乳腺のエストロゲン受容体(ER)を遮断する。

2 ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)を遮断する。

3 アロマターゼを阻害する。

4 活性酸素を発生させ、DNA鎖を切断する。

5 ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)受容体を刺激する。



問 258,259 解説


まず、36歳ということで

閉経前と考えられます。

 

また

処方2)の用法が

「4週ごとに1回の注射」であることから

選択肢を参考にすると

B はリュープロレリン酢酸塩と

判断できると考えられます。

 

残りは A です。

問258 選択肢 2 ~ 5 について

以下、検討します。

 

 

選択肢 2 ですが

レトロゾール(フェマーラ)は

「閉経後」乳がん治療や、不妊治療に用いられる

アロマターゼ阻害薬です。


よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

トラスツズマブ(ハーセプチン)は

HER2 タンパク特異的分子標的薬です。

 

HER2 過剰発現が確認されておらず

本問では当てはまらないと考えられます。


よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 は、正しい記述です。

タモキシフェンは

ER受容体遮断薬です。

 

 

選択肢 5 ですが

テガフールは

フルオロウラシルのプロドラッグです。


乳がんに用いられることはあるのですが

子宮体がんのリスクを上げる 

ということはありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より

問258の正解は 1,4 です。

問259の正解は 1 です。

 

 

ちなみに

問い259の他の選択肢ですが

 

選択肢 2 は

トラスツズマブの作用機序についての記述です。

 

 

選択肢 3 は

レトロゾールの作用機序についての記述です。

 

 

選択肢 4 は

問258の選択肢にはありませんが

ブレオマイシン等の作用機序についての記述です。

 

 

選択肢 5 は

リュープロレリンの作用機序についての記述です。



参考)

薬理まとめ 3-1 3)