102-262263 解説


262-263

50歳女性。発熱、咽頭痛を主訴として受診し、入院することとなった。入院時に薬剤師が持参薬を確認したところ、下記の薬剤を服用していることが分かった。服薬コンプライアンスは良好であった。

入院時検査値:体温 38.7℃、血圧 108/72mmHg

赤血球数 180×104/μL、白血球数 2,200/μL、血小板 3×104/μL

血清クレアチニン値 0.7mg/dLBUN 18mg/dLAST 25IU/LALT 30IU/L

空腹時血糖値 96mg/dL

Na 140mEq/LK 4.2mEq/LMg 2mEq/L

胸部X線検査では肺に異常所見なし。


持参薬の内容

(薬袋1

リセドロン酸Na17.5mg 11錠(11錠)

毎週月曜日11回 朝起床時 2日分(投与実日数)

(薬袋2

プレドニゾロン錠5mg 1回半錠(1日半錠)

11回 朝食後 14日分

(薬袋3

メトトレキサートカプセル2mg 14カプセル(18カプセル)

毎週月曜日12回 朝夕食後 2日分(投与実日数)

(薬袋4

酪酸菌錠(宮入菌として)20mg 11錠(13錠)

スクラルファート細粒90% 11g13g

13回 朝昼夕食後 14日分

 

262(実務)

薬剤師は、この女性の検査所見より、服用中の薬剤の副作用を疑った。原因となった可能性の高い持参薬はどれか。1つ選べ。

 

1 リセドロン酸Na17.5mg

2 プレドニゾロン錠5mg

3 メトトレキサートカプセル2mg

4 酪酸菌錠(宮入菌として)20mg

5 スクラルファート細粒90%

 

263(薬理)

前問の「原因となった可能性の高い持参薬」の標的分子として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 グルココルチコイド受容体

2 シクロオキシゲナーゼ

3 カルシニューリン

4 ジヒドロ葉酸還元酵素

5 ファルネシルピロリン酸合成酵素



検査所見から

発熱、及び、血球数の減少が見て取れます。


 

持参薬からは

リセドロン酸

→ビスホスホネート系、骨粗しょう症治療薬

 

プレドニゾロン

→ステロイド

 

メトトレキサート(MTX)

→免疫抑制剤の一種。リウマチか?

 

整腸剤

→消化器系に違和感とか? 

という所がまず連想され


MTX + ステロイド なら

リウマチだろうなぁ、と印象を持つのではないでしょうか。

 

 

血球減少症が代表的副作用である

メトトレキサートが原因である可能性が

高いと考えられます。

 

メトトレキサートは

葉酸代謝拮抗薬です。

免疫抑制剤の一種です。

ジヒドロ葉酸還元酵素を阻害します。

 


以上より

問262 の正解は 3

問263 の正解は 4 です。