102-28 解説


28

シルデナフィルと硝酸薬の併用により増加し、血圧降下の主因となる物質はどれか。1つ選べ。

 

1 サイクリックAMP

2 サイクリックGMP

3 一酸化窒素(NO

4 イノシトール三リン酸(IP3

5 ジアシルグリセロール


シルデナフィルは

ホスホジエステラーゼ(PDE)5を阻害し、cGMPの分解を抑制することで

勃起障害、及び肺動脈性高血圧症に用いられる薬です。


また

硝酸薬はNO 遊離により、血管拡張を引き起こします。


もう少し、詳しくメカニズムを説明すると

NO は、血管平滑筋のグアニル酸シクラーゼを活性化します。

その結果 GTP からの cGMP 生成が促進されます。

この結果、血管拡張が引き起こされます。



以上より、正解は cGMP です。

正解は 2 です。



類題

96-134

97-158