102-30 解説


30

GABAトランスアミナーゼを阻害し、抗てんかん作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 

1 ガバペンチン

2 エトスクシミド

3 ジアゼパム

4 ゾニサミド

5 バルプロ酸



抗てんかん薬はその作用機序により

大きく4つに分類されます。


ⅰ.GABA受容体タイプ

ⅱ.Na+チャネル遮断タイプ

ⅲ.T型Ca2+チャネル遮断タイプ

ⅳ.GABAトランスアミナーゼ阻害タイプ



GABAトランスアミナーゼ阻害タイプの

代表的な薬は、バルプロ酸です。

よって、正解は 5 です。



ちなみに

ガバペンチンは、2つの作用機序により

効果を発現します。


Caチャネル α2σ リガンドとしての作用と

GABA トランスポータ活性化です。



エトスクシミドは

T 型Ca2+チャネル遮断タイプです。



ジアゼパムは

ベンゾジアゼピン(Bz)系の薬です。

GABA 受容体タイプの薬です。



ゾニサミドは

様々な機序により作用を示す薬です。

(抗てんかんだけでなく、パーキンソン病にも適応あり。)