国試102回 問264~269

 

264-267

58歳男性。手術不能の直腸がんと診断され、以下に示すレジメンに従った化学療法を施行することとなった。

 

264(薬理)

処方薬の作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 血管内皮細胞増殖因子(VEGF)受容体に結合する。

2 トポイソメラーゼを阻害する。

3 DNAをアルキル化する。

4 チミジル酸合成酵素を阻害する。

 

265(実務)

薬剤師による初回面談の際に説明すべき処方薬の副作用として適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 高血圧

2 ざ瘡様皮疹

3 下痢

4 認知機能障害

5 高血糖

 

266(薬剤)

患者の検査値を確認したところ、血中間接ビリルビン値が2.8mg/dLと高値を示すが、直接ビリルビン値は正常範囲内であった。患者と面談したところ、以前他院にて体質性黄疸と診断されたが、特に治療は行っていないことが判明した。

処方薬の副作用を予測するために、推奨すべき遺伝子診断の対象となる遺伝子はどれか。1つ選べ。

 

1 ALDH2

2 CYP2C19

3 CYP2D6

4 NAT2

5 UGT1A1

 

267(実務)

前問の遺伝子診断の結果、酵素活性の低下を伴う遺伝子型であることが判明した。この患者の治療上、注意すべき内容として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 ベバシズマブの薬効減弱

2 ベバシズマブの副作用発現

3 イリノテカンの薬効減弱

4 イリノテカンの副作用発現

5 フルオロウラシルの薬効減弱

6 フルオロウラシルの副作用発現

 

この問題の解説へ


 

268-269

40歳女性。卵巣がんを原発とした多発性骨転移による疼痛があり、以下の処方が出されている。疼痛コントロールは良好であったが、2日前から、突然に我慢できない痛みが123回程度出現するようになった。主治医よりレスキュー薬の問い合わせがあった。

(処方)

オキシコドン塩酸塩水和物徐放錠40mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 14日分

 

268(実務)

医師に提案する薬剤とその1回用量の組合せとして適切なのはどれか。1つ選べ。

 

 

269(薬剤)

オキシコドンの体内動態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 オキシコドン塩酸塩水和物徐放錠は、肝初回通過効果の回避を目的とした製剤であり、薬物は主に直腸から吸収される。

2 オキシコドンは水溶性が高く、主に能動輸送により消化管から吸収される。

3 母乳のpHは、一般に血漿pHと比較して酸性側にあるため、弱塩基性薬物であるオキシコドンは母乳中に移行しやすい。

4 オキシコドンは、大部分が肝代謝により消失するため、健常人に比べ肝障害のある患者では血中濃度時間曲線下面積が増大する。

5 オキシコドンは、臨床用量の範囲において投与量と血中濃度の関係が非線形性を示すため、治療薬物モニタリング(TDM)を行うことが推奨される。

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る