102-270~277 解説一覧


270-271

76歳男性。1年ほど前から安静時に手足の震えや硬直が認められ、パーキンソン病と診断された。現在までレボドパ・ベンセラジド配合錠が処方され、症状は改善されている。

 

270(薬剤)

レボドパと、その薬効増強を目的として配合されているベンセラジドに関する記述として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 レボドパは、主にアミノ酸トランスポーターLAT1により脳内に移行する。

2 レボドパは、主に単純拡散により脳内に移行する。

3 ベンセラジドは、主にモノアミン輸送系により脳内に移行する。

4 ベンセラジドは、脳におけるレボドパからドパミンへの代謝を阻害する。

5 ベンセラジドは、末梢組織におけるレボドパからドパミンへの代謝を阻害する。

 

レボドパは

ドパミンの前駆体です。

 

BBB(Blood Brain Barrier :血液脳関門)

非通過ですが

アミノ酸トランスポーターにのって脳内へ移行し

代謝を受けてドパミンになり、中枢作用を示します。

 

ベンセラシドは

末梢におけるレボドパ代謝酵素の阻害薬です。

 

 

以上より、正解は 1,5 です。

 

 

271(実務)

3日前より尿が出にくいという症状が現れたため、泌尿器科を受診し、神経因性膀胱による排尿困難と診断された。本患者に適切でない薬剤はどれか。1つ選べ。

 

1 ウラピジル

2 タムスロシン塩酸塩

3 ナフトピジル

4 プラゾシン塩酸塩

5 ベタネコール塩化物



選択肢 1 ~ 4 は

全て α 遮断薬です。

α遮断で、膀胱括約筋が弛緩します。


膀胱括約筋は

収縮することで、尿が出ないようにします。

つまり、蓄尿方向に作用します。


従って

弛緩すれば排尿方向に作用します。

排尿困難に対して、適切な作用と考えられます。


 

選択肢 5 ですが

ベタネコールは、コリン作動薬です。


パーキンソン病とは

ドパミン作動性神経とコリン作動性神経の

バランスが崩れることで

筋固縮、振戦といった症状がおきる
進行性の疾患です。

現在、症状が改善されているということから
バランスがちょうどよい状態と考えられます。
ここでコリン作動薬を用いると
バランスが崩れるおそれがあります。


よって、本患者には不適切であると考えられます。

 

 

以上より、正解は 5 です。






272-273

30歳女性。排尿痛、頻尿の症状があり、近医を受診した。急性単純性膀胱炎と診断され、以下の処方箋を薬局に持参した。薬歴を確認すると、同一の医師より消化性潰瘍治療のためスクラルファート細粒90%の処方があり、毎食後に服用中であった。

(処方)

シプロフロキサシン錠100mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 14日分

 

272(実務)

医師への疑義照会時に提案する内容として適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 シプロフロキサシンをノルフロキサシンに変更する。

2 シプロフロキサシンをセフジニルに変更する。

3 シプロフロキサシンを服用後、2時間以上あけてスクラルファートを服用するように用法を変更する。

4 シプロフロキサシンを増量する。

5 スクラルファートをアルギン酸ナトリウムに変更する。






273(薬剤)

前問での提案の理由となるシプロフロキサシンとスクラルファートの相互作用の機序として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 胃内pHの変化に伴う溶解性の低下

2 消化管内における難溶性キレートの形成

3 消化管吸収に関わるトランスポーターの阻害

4 血漿タンパク結合の阻害

5 腎尿細管における再吸収の阻害



問272,273 解説

スクラルファートは

ショ糖硫酸エステルアルミニウム塩です。

胃粘膜保護薬です。

 

シプロフロキサシンは

ニューキノロン系の抗菌薬です。

DNAジャイレース阻害薬です。

 

ニューキノロン+金属イオン含有製剤 では

キレート形成により吸収低下が見られます。

 

同時に使用する場合は

時間をある程度開けての服用で

相互作用を軽減することができます。

 

 

問272 の

選択肢 1 ですが

変更したものもニューキノロンなので

やはり相互作用により

吸収低下してしまいます。

 

 

選択肢 2 ですが

セフジニルはセフェム系抗生物質です。

これも、ニューキノロンと同様に

金属とのキレートを形成する相互作用による

吸収低下が知られており

不適切であると考えられます。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

増量しても吸収率が低いのでは

あまり意味がなく


また、吸収されずに消化管に

到達する薬の量が多くなることから

副作用として

腸内細菌への悪影響のおそれがあり

不適切であると考えられます。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 


以上より

問272 の正解は 3,5 です。

問273 の正解は 2 です。






274-275

73歳男性。体重60kg。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)肺炎の治療目的でアルベカシン硫酸塩の投与が開始された。

(処方)

点滴静注

アルベカシン硫酸塩注射液 150mg

生理食塩液 100mL

11回 30分かけて投与 7日連日投与

投与開始から3日目に血中アルベカシン濃度の測定依頼があり、測定の結果、トラフ値は3.5μg/mL、ピーク値(点滴終了30分後採血)は15μg/mLであった。

検査値(3日目):白血球数 9,500/μLCRP 4.8mg/dL、血清クレアチニン 2.84mg/dL

 

274(実務)

今後のアルベカシン硫酸塩の処方設計に関する医師への提案として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 現在の投与計画を継続する。

2 点滴速度を速くする。

3 投与間隔を変えず、1回投与量を増やす。

4 1回投与量を変えず、投与間隔を延ばす。

5 1回投与量を変えず、投与間隔を短縮する。

 

アルベカシンは

アミノグリコシド系抗生物質の一種です。

副作用回避のため、トラフ値を測定します。

また、効果を最適にするため

ピーク値を測定します。

 

 

トラフ値が 2 μg/mL 未満が

望ましいとされています。

ピーク値は

抗菌薬TDMガイドラインによれば

15~20 μg/mL が推奨されています。

ピークはよいが、トラフが少し高いです。



選択肢 1 では

トラフが高いままなので

適切とはいえません。

 

 

選択肢 2 では

結局投与する量及び

投与間隔が変わっていないので

トラフは変化しないと考えられます。

よって、適切ではありません。

 

 

選択肢 3 ですが

投与量を増やすと、トラフは上がります。

適切では、ありません。

 

 

選択肢 4 は

適切と考えられます。

 

 

選択肢 5 ですが

投与間隔を短縮すると

トラフが上がるため、不適切です。

 

 

以上より、正解は 4 です。



275(薬剤)

この患者におけるアルベカシンの分布容積と消失半減期に最も近い値の組合せはどれか。1つ選べ。

ただし、アルベカシンの体内動態は線形1-コンパートメントモデルに従い、3回目投与時点で定常状態にあり、点滴開始後1時間までの消失は無視できるものとする。また、アルベカシン硫酸塩150mgは、アルベカシン105mgに相当するものとする。

 



1日1回投与 なので

投与間隔は24hです。


ピークが15μg/mL で

トラフが 3.5 μg/mL まで下がっている点に加え


選択肢から

半減期の候補が6か12h なので


もしも半減期が6hなら

24h 後には、4半減期経っており

15→7.5→3.75→約2弱 と

なっているはずです。

これは少し下がりすぎです。

 

よって、半減期として近い値は

12h であるとわかります。


従って

正解は 2,4,6 のどれかです。

 

 

さらに分布容積ですが

105mg を投与すると

血中濃度が 3 → 15 になっているので


105mg を投与すると

血中濃度 が 12 μg/mL 上昇します。

 

D/C0 に代入すれば

105/12 となり、計算すると、約 9 です。


従って、選択肢の値の中で

一番近いのは、 10 です。

 

 

以上より、正解は 2 です。






276-277

7歳女児。アトピー性皮膚炎と診断され、母親とともに処方箋を薬局に持参した。

(処方1

ベタメタゾン吉草酸エステルクリーム0.12% 5g

1回適量 12回 朝夕 体、腕に塗布

(処方2

白色ワセリン 25g

1回適量 12回 朝夕 体、腕に塗布

(処方3

タクロリムス軟膏0.03% 5g

1回適量 12回 朝夕 赤みが強い部位に塗布

 

276(薬剤)

本処方箋の発行前に、医師より処方1と処方2の混合について問い合わせがあった。混合が推奨されない理由として正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 ベタメタゾン吉草酸エステルの分解が促進される。

2 白色ワセリンと混ぜ合わせると、クリーム剤の分離や粘性の増加が生じる。

3 基剤同士が反応し、褐色に変化する。

4 白色ワセリンの添加により、クリーム剤中の水相へのベタメタゾン吉草酸エステルの分配量が増加する。

5 白色ワセリンの添加により、吸湿性が増大する。

 

ワセリンは

プロペトという商品名の方が

思い出しやすいかもしれません。

 

ベタメタゾン吉草酸

エステルクリーム 0.12 % とは

リンデロン V クリームのことです。

 

 

軟膏は、油脂性基材です。

要は油と思えばOKです。


クリームは、w/o か、o/w です。

(覚える必要はないけど

リンデロン V クリームは、o/w)

 

原則として

o/w や w/o といった乳剤となっているものは

混合しない方がいいです。

乳化が破壊されてしまうことがあるからです。

「クリーム剤の分離」という記述が符号します。


 

実習を思い出して

プロペトの、のぺっとした感じと

リンデロンクリーム を混ぜるってのは

何か変だなぁ。うまく混ざりそうにないなぁ・・・

といった感覚で選ぶのも

1つの解き方だと思います。



正解は 2 です。



277(実務)

薬剤師が患者の家族に説明する内容として適切でないのはどれか。2つ選べ。

 

1 処方1は、ステロイドの作用の強さの5段階分類の中で最も弱い薬です。

2 夕方(夜)は、入浴後に塗るようにしてください。

3 白色ワセリンには皮膚保護作用があります。

4 お薬のほかに、室内環境の整備や皮膚を清潔に保つことも重要です。

5 タクロリムス軟膏は、顔には使用しないでください。



選択肢 1 は、適切ではありません。

ステロイドの作用の強さの 5 段階分類の中で

リンデロン V クリームは strong です。

これは、5段階の中で3番めの強さです。


よって、選択肢 1 は誤りです。

 

  

選択肢 2 ~ 4 は、正しい記述です。


 

 

選択肢 5 ですが

タクロリムスは

アトピー性皮膚炎に用いられます。

 

代表的な使用部位は、顔や首です。

ピリピリとして使用感が特徴です。


よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

 

以上より、正解は 1,5 です。