102-272273 解説


272-273

30歳女性。排尿痛、頻尿の症状があり、近医を受診した。急性単純性膀胱炎と診断され、以下の処方箋を薬局に持参した。薬歴を確認すると、同一の医師より消化性潰瘍治療のためスクラルファート細粒90%の処方があり、毎食後に服用中であった。

(処方)

シプロフロキサシン錠100mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 14日分

 

272(実務)

医師への疑義照会時に提案する内容として適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 シプロフロキサシンをノルフロキサシンに変更する。

2 シプロフロキサシンをセフジニルに変更する。

3 シプロフロキサシンを服用後、2時間以上あけてスクラルファートを服用するように用法を変更する。

4 シプロフロキサシンを増量する。

5 スクラルファートをアルギン酸ナトリウムに変更する。






273(薬剤)

前問での提案の理由となるシプロフロキサシンとスクラルファートの相互作用の機序として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 胃内pHの変化に伴う溶解性の低下

2 消化管内における難溶性キレートの形成

3 消化管吸収に関わるトランスポーターの阻害

4 血漿タンパク結合の阻害

5 腎尿細管における再吸収の阻害



問272,273 解説

スクラルファートは

ショ糖硫酸エステルアルミニウム塩です。

胃粘膜保護薬です。

 

シプロフロキサシンは

ニューキノロン系の抗菌薬です。

DNAジャイレース阻害薬です。

 

ニューキノロン+金属イオン含有製剤 では

キレート形成により吸収低下が見られます。

 

同時に使用する場合は

時間をある程度開けての服用で

相互作用を軽減することができます。

 

 

問272 の

選択肢 1 ですが

変更したものもニューキノロンなので

やはり相互作用により

吸収低下してしまいます。

 

 

選択肢 2 ですが

セフジニルはセフェム系抗生物質です。

これも、ニューキノロンと同様に

金属とのキレートを形成する相互作用による

吸収低下が知られており

不適切であると考えられます。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

増量しても吸収率が低いのでは

あまり意味がなく


また、吸収されずに消化管に

到達する薬の量が多くなることから

副作用として

腸内細菌への悪影響のおそれがあり

不適切であると考えられます。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

 


以上より

問272 の正解は 3,5 です。

問273 の正解は 2 です。