国試102回 問286~291

 

286-287

65歳男性。人間ドックで血中prostate specific antigenPSA)値の高値(30.3ng/mL)を認めた。

 

286(病態・薬物治療)

一般にPSAの上昇を認める泌尿器系疾患はどれか。2つ選べ。

 

1 セミノーマ

2 腎細胞がん

3 前立腺肥大症

4 前立腺がん

5 膀胱がん

 

287(実務)

その後、生検の結果、腫瘤が悪性と診断されたため内分泌療法が施行され、PSA値は正常上限値以下を推移していた。しかし、6年後の受診で再度PSA値が高値となった。

このため抗アンドロゲン薬を試みたが、改善が見られず、内分泌療法抵抗性が確認された。そこで、新たな薬物療法を開始することになった。

本患者に適用することになった薬物はどれか。2つ選べ。

 

1 シロドシン

2 ドセタキセル

3 コハク酸ソリフェナシン

4 プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム

5 クロルマジノン酢酸エステル

 

この問題の解説へ


 

288-289

38歳女性。肺結核と腰痛に対して以下の薬剤を服用していた。今回、同じ薬剤が処方されたが、最近、「新聞が読みにくくなった」などの視力障害を訴えた。

(処方1

リファンピシンカプセル150mg 13カプセル(13カプセル)

11回 朝食前 14日分

(処方2

イソニアジド錠100mg 13錠(13錠)

ピラジナミド原末 11.5g11.5g

エタンブトール塩酸塩錠250mg 13錠(13錠)

11回 朝食後 14日分

(処方3

ロキソプロフェンNa60mg 11

腰痛時 5回分(5錠)

 

288(実務)

この視力障害との関連性が疑われる薬物はどれか。2つ選べ。

 

1 リファンピシン

2 イソニアジド

3 ピラジナミド

4 エタンブトール塩酸塩

5 ロキソプロフェンNa

 

289(病態・薬物治療)

本症例の病態と薬物治療に関する説明として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 結核菌は接触感染によって伝搬する。

2 血痰の有無により、他の呼吸器感染症と鑑別できる。

3 飲み忘れなど不規則な抗結核薬の服用は、結核菌が薬剤耐性を獲得する原因となる。

4 視力障害の原因薬は、いったん中止し、視力が回復したら再開する。

5 唾液や涙液が橙赤色になることがある。

 

この問題の解説へ


 

290-291

62歳男性。1ヶ月ほど前から息切れ、呼吸困難などの心不全症状が出現し、アルコール性心筋症との診断を受け、以下の処方により加療中である。

薬剤師が現在の症状を確認すると「最近は呼吸が苦しくなることが多く、家の中で座っていれば問題ないが、少し散歩するだけでも息切れがする」との訴えがあった。

既往歴:高血圧

飲酒歴:心不全症状が出現するまで20年間の大量の飲酒歴があり、禁酒を指導されたが、現在も機会飲酒。

検査データ:左室駆出率 23%、下肢浮腫 (+)Na 140mEq/LK 3.6mEq/LCl 105mEq/LSCr 1.0mg/dL、血圧 123/72mmHg、心拍数 62bpm(洞調律)

(処方)

1) エナラプリルマレイン酸塩錠10mg 11錠(11錠)

スピロノラクトン錠25mg 11錠(11錠)

11回 朝食後 14日分

2)カルベジロール錠2.5mg 11錠(12錠)

12回 朝夕食後 14日分

3)フロセミド錠40mg 11錠(12錠)

12回 朝昼食後 14日分

 

290(病態・薬物治療)

この患者の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 適切な治療を施しても生存率が低く予後不良である。

2 NYHA機能分類度(中等度~重症)の心不全症状を呈している。

3 肥大型心筋症の病態を呈している。

4 カリウムの摂取制限が推奨される。

5 治療の基本に断酒がある。

 

291(実務)

薬剤師は、現在の病態から、患者の薬物療法に関するアセスメントを行い、今後のプランを考えた。追加を推奨する薬剤として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 アロプリノール

2 エポエチンアルファ

3 アテノロール

4 カンデサルタンシレキセチル

5 ジゴキシン

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る