102-292293 解説


292-293

49歳男性。C型慢性肝炎の既往あり。昨年より肝硬変に起因する腹水が出現し、ループ利尿薬とアルブミン製剤が投与されていた。昨日、肝性脳症と診断され入院となり、分岐鎖アミノ酸製剤の点滴静注、ラクツロース及びカナマイシン一硫酸塩の経口投与を開始した。

 

292(病態・薬物治療)

本患者において、以下の所見が認められた。肝性脳症に最も関連が深いのはどれか。2つ選べ。

 

1 食道静脈瘤

2 浮腫

3 黄疸

4 高アンモニア血症

5 羽ばたき振戦



肝性脳症とは

肝臓の機能不全

→肝臓が担っている、N(窒素)分解不全。

いつもはアンモニアを尿素にしてるけど、その機能が不十分

→血中の NH3 (アンモニア)濃度が上昇

→中枢症状、意識障害

という流れによる症状です。

 

 

従って

静脈瘤や浮腫は関連が深いとはいえません。


また、黄疸は

肝機能低下と関連が深いのですが

中枢症状ではないため

残り2つの選択肢の方が

より関連が深いと考えられます。

 


ちなみに

羽ばたき振戦とは

腕、手、指を伸ばして

広げた状態を保とうとすると

振戦が起きるという姿勢保持困難の一種です。


※羽ばたき振戦は

肝性脳症だけでなく

他の疾患でも見られることがあります。

 

 

以上より、正解は 4,5 です。



293(実務)

本症例に用いる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 アルブミン製剤は血漿膠質浸透圧を低下させる。

2 ループ利尿薬は血中Na+を上昇させる。

3 分岐鎖アミノ酸製剤はフィッシャー比を低下させる。

4 ラクツロースは消化管内のpHを低下させる。

5 カナマイシン一硫酸塩は消化管内のアンモニアの発生を抑制する。



選択肢 1 ですが

アルブミンは、血中タンパク質の一種です。

水分や薬物を保持する機能があります。

血中膠質浸透圧の維持の中心的役割を担います。

 

アルブミンが増えると

より水を引き寄せることになるので

浸透圧は上昇します。

 

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

 

選択肢 2 ですが

ループ利尿薬は、利尿薬です。

尿が出る=Na+が排出される 

ということなので

血中 Na+ は低下すると考えられます。

 

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

 

選択肢 3 ですが

フィッシャー比とは

分岐鎖アミノ酸(BCAA)と

芳香族アミノ酸(AA)のモル比です。

BCAA/AA です。

 

分岐鎖アミノ酸=ロイシン、イソロイシン、バリン です。

芳香族アミノ酸=チロシン、フェニルアラニン です。

 

従って

分岐鎖アミノ酸製剤の投与により

分子のBCAA が増えるので

フィッシャー比は上昇します。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

以上より、正解は 4,5 です。