102-294295 解説


294-295

29歳女性。1型糖尿病のため、インスリンを自己注射により使用していた。発熱を契機に3日前から全身倦怠感、下痢、嘔吐が始まり、これらの症状に加えて意識障害が出現したため、家族に伴われて救急外来を受診した。

身体所見:身長 160cm、体重 60kg

検査データ:血糖値 418mg/dL、血圧 110/60mmHg、尿糖 (+++)、尿中ケトン体 (++)、Na 129mEq/LCl 92mEq/LpH 7.1HCO38.9mEq/L

 

294(病態・薬物治療)

本患者及び本症例に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 Body mass indexBMI)が25以上の肥満である。

2 Glutamic acid decarboxylaseGAD)抗体は陽性である可能性が高い。

3 意識障害の原因は、乳酸アシドーシスである可能性が高い。

4 糖利用の低下により脂肪分解が亢進した状態にあると考えられる。

5 重症化した場合は、グリニド系薬剤の併用が推奨される。



295(実務)

本患者に対する処置として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 プレドニゾロンの点滴静注

2 ブドウ糖の静脈内注射

3 生理食塩液の点滴静注

4 インスリンの点滴静注

5 アドレナリンの筋肉注射




問294,295 解説

 

問294

選択肢 1 ですが

BMI とは、肥満度を示す指数です。


体重(kg)÷ {身長(m)}2 で求めます。

60÷(1.6)2 を計算すると、23強です。

25以上では、ありません。

 

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

選択肢 2 は、正しい選択肢です。

GAD抗体は

自己免疫性Ⅰ型糖尿病のマーカーです。

 

 

選択肢 3 ですが

意識障害は

糖尿病性ケトアシドーシスが原因と考えられます。


乳酸アシドーシスとは

肝機能不全による

乳酸分解障害によるアシドーシスです。

 

  

選択肢 4 は、正しい選択肢です。

 

 

選択肢 5 ですが

補液、インスリン注射が治療法です。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

※インスリン注射時に

低 K 血症に注意が必要です。

これは、インスリン投与

→細胞の糖の取り込み↑

→※ この際、K も「細胞内」に取り込まれる

→ 血中 K 濃度が低下する です。

 

 

 

以上より

問294の正解は 2,4 です。

 

また、選択肢5の解説から

問295の正解は 3,4 です。