102-298~305 解説一覧


298-299

56歳男性。一般用医薬品を購入するため薬局を訪れた。現在使用している処方薬について薬剤師が確認したところ、持参したお薬手帳から、以下の点眼薬を使用していることが判明した。

ラタノプロスト点眼液0.005%2.5mL/本) 1

11滴 11回 両目点眼

カルテオロール塩酸塩点眼液2%(持続性)(2.5mL/本) 1

11滴 11回 両目点眼

また、お薬手帳には、点眼薬による治療開始前に測定された眼圧が記載されていた。

(眼圧)右 28mmHg、左 27mmHg

 

298(病態・薬物治療)

この患者の病態とその治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 この患者は正常眼圧緑内障である。

2 眼圧コントロールが不良となり視神経が高度に障害されると、その機能は薬物治療によっては回復しない。

3 ラタノプロストは、毛様体における房水の産生を抑制し眼圧を低下させる。

4 ラタノプロストの副作用に虹彩色素沈着がある。

5 カルテオロール塩酸塩は、ぶどう膜強膜流出経路からの房水の流出を促進し眼圧を低下させる。


眼圧は 10~20 ぐらいが

正常範囲なので高めです。

 

 

選択肢 1 ですが

眼圧が高めなので

正常眼圧緑内障ではありません。

 

 

選択肢 2 は、正しい選択肢です。

 

 

選択肢 3,5 は

主語が入れ替わっています。


ラタノプロストが

ぶどう膜強膜流出経路からの

房水流出促進により眼圧を低下させます。

 

カルテオロールが

房水産生を抑制することで

眼圧を低下させます。

 

 

選択肢 4 は、正しい選択肢です。

ちなみに、虹彩部分だけでなく

例えばまぶたにも色素沈着が起きうるので

点眼後の洗浄を徹底するように

指導する必要があります。

 

 

 

以上より、正解は 2,4 です。



299(実務)

この患者に一般用医薬品を推奨する場合、避けるべき成分はどれか。2つ選べ。

 

1 チキジウム臭化物

2 ジヒドロコデインリン酸塩

3 クロルフェニラミンマレイン酸塩

4 デキストロメトルファン臭化水素酸塩

5 無水カフェイン




眼圧の上昇を来たすおそれがあるので

抗コリン作用を持つ成分を

避けるべきであると考えられます。

 

選択肢の中で、抗コリン作用を持つのは

1,3 です。

 

ちなみに、選択肢 1 の成分は

胃腸薬に含まれることがあります。

 

選択肢 3 の成分は

風邪薬、鼻炎薬、酔い止めなどに

含まれることがあります。

 

 

以下、補足。

抗コリン作用を有する薬は

「閉塞性」の緑内障に注意が必要です。

閉塞性の緑内障は

緑内障全体の 10 % 程度の割合です。

 

また、治療方針によっては

閉塞性であっても

抗コリン作用を持つ成分を

有する薬の使用について

問題ないと判断されることもあります。

以上、補足。 

 

 

以上より、正解は 1,3 です。






300-301

62歳女性。3年前に悪性リンパ腫と診断され、R-CHOP療法が施行された。R-CHOP療法施行直前の検査で肝機能検査値に異常はなかった。R-CHOP療法4コースを終了後、定期的に通院していたが、あるときALT 742U/LAST 1,354U/Lと上昇したため入院した。

エンテカビルの投与によりALT及びASTは低下した。本人に確認したところ、10年前の献血時にHBc抗体陽性を指摘されていたことが判明した。

 

300(実務)

本症例に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 本症例の悪性リンパ腫は、Hodgkinリンパ腫である。

2 ALT及びASTの上昇は悪性リンパ腫の再発に起因する可能性が高い。

3 R-CHOP療法により、肝組織が直接障害され、ALT及びASTが上昇した。

4 R-CHOP療法開始後にHBVに再感染した可能性が高い。

5 R-CHOP療法によりHBVが再活性化した可能性が高い。



選択肢 1 ですが

悪性リンパ腫は

大きく2つに分類されます。


ホジキンリンパ腫(10%程度)と

非ホジキンリンパ腫(90%程度)に

分類されます。

 

非ホジキンリンパ腫は更に

B系と、T系に分類されます。

それぞれ治療法が違います。

 

本症例では

R-CHOP療法が施行されていることから

B系非ホジキンリンパ腫と判断されます。

 

従って

選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2~4 ですが

10年前の献血時に

HBc 抗体陽性ということから

B型肝炎のキャリアであり

 

R-CHOP療法により免疫が弱まった所

肝炎ウイルスが増殖(再活性化)した結果

急性肝機能悪化 → ALT、ASTの上昇

と考えられます。

 

従って

選択肢 2~4 は誤りです。

 

 

 

以上より、正解は 5 です。



301(病態・薬物治療)

HBVが原因のB型肝炎に関する記述として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 HBワクチンは感染予防には有効ではない。

2 性行為による感染はない。

3 IgMHBc抗体は肝炎の後期に現れる。

4 初感染で自然治癒するのは半数以下である。

5 HBs抗体は肝炎の病態が終息した後に上昇する。



選択肢 1 ですが

B型肝炎ウイルスに対して

ワクチンは有効です。


よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

B型肝炎ウイルスの感染経路は

垂直感染及び水平感染です。

血液、体液を通じて感染するので

性行為による感染もあります。


よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

HBc→HBe→HBs の順で

検査で陽性化します。


つまり

この順で産生されて現れる 

ということです。

(添字がアルファベット順 と

覚えておくとよいかもしれません。)

 

 従って

HBc抗体が後期 ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

選択肢 4 ですが

初感染後、7~80%は

自然治癒することが知られています。


よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

 

選択肢 5 は、正しい選択肢です。

 

 

 

以上より、正解は 5 です。







302-303

病棟の看護師より、「点滴中の患者に対し側管からブロムヘキシン塩酸塩注射剤を投与後、同一の側管より続けてフロセミド注射剤を投与してもよいか。」との問い合わせがあった。

薬剤師は看護師に回答するため、両薬剤のpH変動スケールに関する情報を収集し、以下の情報を得た。

 

302(実務)

両薬剤のpH変動スケール及び配合変化に関する記述として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 

1 Aはブロムヘキシン塩酸塩、Bはフロセミドである。

2 ABを比較すると、緩衝性の強いのはBである。

3 両薬剤が輸液ライン内で混合された場合、混合液のpH4.7以上6.3以下となる。

4 フロセミド注射剤を先に投与し、続けてブロムヘキシン塩酸塩注射剤を投与すれば白濁は生じない。

5 両薬剤が輸液ライン内で混合されて白濁を生じる可能性が高いので、それぞれ投与前後に生理食塩液等を流す。



選択肢 1 は、正しい記述です。

フロセミドは、代表的塩基性薬物です。
塩基性薬物であれば製品の pH が塩基性のはずです。

A のスケールでは、製品の pH が 2.8
B のスケールでは、製品の pH が 9.4 と
読み取ることができ
B がフロセミドとわかります。


選択肢 2 ですが
緩衝性とは、酸や塩基を入れた時に
pH 変動がどれくらいあるか です。

「緩衝性が強い」とは
酸や塩基を入れても pH があまり変動しない
ということです。

A は
0.1 mol/L の HCl を 10mL 入れると
pH が 2弱 変化しています。
(酸性薬物に対して、酸を加えた変化。)・・・1

0.1 mol/L の NaOH を 0.2mL 入れても
同様に pH が 2弱 変化しています。
(酸性薬物に対して、塩基を加えた変化。)・・・2

一方、B は
0.1 mol/L の HCL を 0.1 mL 入れただけで
pH が約 3 変化しています。
(塩基性薬物に、酸を加えた変化。
※この結果は、「2」 と比較する。)

0.1 mol/L の NaOH を 10mL 入れると
pH が 3 強変化しています。
(塩基性薬物に、塩基を加えた変化。
※この結果は、「1」 と比較する。)


以上より、明らかに
B の方が緩衝性が弱いです。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
pH 2.8 の A と  pH 9.4 の B を混ぜるので
2.8 ~ 9.4 の間 と考えられます。
4.7 ~ 6.3 になるとはいえません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4,5 ですが
フラッシュしないと
白濁すると考えられます。
よって、選択肢 4 は誤りです。
選択肢 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 1,5 です。

 

303(病態・薬物治療)

配合変化について検討するために、ブロムヘキシン塩酸塩注射剤の特徴について調査したい。医薬品インタビューフォームから入手できない情報はどれか。1つ選べ。

 

1 製剤の安定性に関するデータ

2 有効成分の安定性に関するデータ

3 アンプル開封後の使用期限

4 浸透圧比

5 注射液のpH




インタビューフォームから
添付文書の情報に加えて
臨床試験情報、体内動態情報
製剤情報等について
更に詳しくわかります。


選択肢 1,2 ですが
製剤や有効成分の安定性については
例えば加速試験や過酷試験についての結果が
インタビューフォーム(IF)から入手できます。


選択肢 4,5 のような
製剤の物理的情報については
IF から入手できます。


アンプル開封後の使用期限については
アンプル開封したら即使用する前提なので
そのようなイレギュラーなことにまで
検査は行われておらず、IF からであっても
わからないと考えられます。


以上より、正解は 3 です。








304-305

48歳男性。1週間前に心筋梗塞の診断により経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行し、ステントを留置した。梗塞部位は良好に拡張されたが、施行5日後と6日後にステント血栓症が発症した。

PCI施行後は、以下の薬剤が投与されていた。

(処方)

ロサルタンカリウム錠25mg 11錠(11錠)

ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg 11錠(11錠)

アスピリン腸溶錠100mg 11錠(11錠)

クロピドグレル錠75mg 11錠(1l錠)

ロスバスタチンカルシウム錠5mg 11錠(11錠)

11回 朝食後 7日分

患者情報:脂質異常症の既往あり、喫煙 (-)、服薬アドヒアランスは良好

現在の検査データ:血圧 129/77mmHg、心拍数 65bpm、血清クレアチニン値 0.75mg/dLBUN 25.4mg/dLHbA1c 6.2%K 4.5mEq/L、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C 131mg/dL、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C 42mg/dL、トリグリセリド(TG 110mg/dL

その後、カンファレンスにおいて、ステント血栓症の原因が検討され、薬剤師に意見が求められた。薬剤師は服用中のクロピドグレル治療抵抗性の可能性を提起し、代替薬を提案した。

 

304(病態・薬物治療)

クロピドグレルの治療抵抗性の原因として考えられるのはどれか。1つ選べ。

 

1 アスピリンとクロピドグレルの薬物相互作用

2 ロサルタンによるクロピドグレルの代謝拮抗

3 尿pHの変動によるクロピドグレルの尿細管再吸収の低下

4 クロピドグレルの代謝酵素の遺伝子多型

5 ロスバスタチンによるクロピドグレルの代謝酵素の誘導


 

305(実務)

クロピドグレルの代替薬として、以下の薬剤のうち最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1 トラネキサム酸

2 プロタミン

3 プラスグレル

4 ワルファリン

5 メナテトレノン




問304 305 解説

クロピドグレル(プラビックス)は
抗血小板薬です。
CYP 2C19 による代謝を受けて活性代謝物になり
血小板表面の P2Y12 受容体に作用します。

CYP2C19の多型により
治療抵抗性が見られることがあります。

代謝酵素の影響を受けにくいよう
改良された薬として位置づけられるのが
プラスグレル(エフィエント)です。

複数の CYP で活性化を受けるため
個人差が少なくなっています。
代替薬としては
プラスグレルが適していると考えられます。


以上より
問304 の正解は 4 です。
問305 の正解は 3 です。


ちなみに
チカグレロル(ブリリンタ)も
新しい抗血小板薬で
こちらは代謝酵素による活性化が不要な薬です。

また、可逆的に作用するため
手術の際の休薬期間が最短で 5 日ですむ 
という特徴を有します。


cf 抗血小板薬の流れ
パナルジン
→クロピドグレル
→プラスグレル(エフィエント)、チカグレロル(ブリリンタ)