102-300301 解説


300-301

62歳女性。3年前に悪性リンパ腫と診断され、R-CHOP療法が施行された。R-CHOP療法施行直前の検査で肝機能検査値に異常はなかった。R-CHOP療法4コースを終了後、定期的に通院していたが、あるときALT 742U/LAST 1,354U/Lと上昇したため入院した。

エンテカビルの投与によりALT及びASTは低下した。本人に確認したところ、10年前の献血時にHBc抗体陽性を指摘されていたことが判明した。

 

300(実務)

本症例に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 本症例の悪性リンパ腫は、Hodgkinリンパ腫である。

2 ALT及びASTの上昇は悪性リンパ腫の再発に起因する可能性が高い。

3 R-CHOP療法により、肝組織が直接障害され、ALT及びASTが上昇した。

4 R-CHOP療法開始後にHBVに再感染した可能性が高い。

5 R-CHOP療法によりHBVが再活性化した可能性が高い。



選択肢 1 ですが

悪性リンパ腫は

大きく2つに分類されます。


ホジキンリンパ腫(10%程度)と

非ホジキンリンパ腫(90%程度)に

分類されます。

 

非ホジキンリンパ腫は更に

B系と、T系に分類されます。

それぞれ治療法が違います。

 

本症例では

R-CHOP療法が施行されていることから

B系非ホジキンリンパ腫と判断されます。

 

従って

選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2~4 ですが

10年前の献血時に

HBc 抗体陽性ということから

B型肝炎のキャリアであり

 

R-CHOP療法により免疫が弱まった所

肝炎ウイルスが増殖(再活性化)した結果

急性肝機能悪化 → ALT、ASTの上昇

と考えられます。

 

従って

選択肢 2~4 は誤りです。

 

 

 

以上より、正解は 5 です。



301(病態・薬物治療)

HBVが原因のB型肝炎に関する記述として、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1 HBワクチンは感染予防には有効ではない。

2 性行為による感染はない。

3 IgMHBc抗体は肝炎の後期に現れる。

4 初感染で自然治癒するのは半数以下である。

5 HBs抗体は肝炎の病態が終息した後に上昇する。



選択肢 1 ですが

B型肝炎ウイルスに対して

ワクチンは有効です。


よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

B型肝炎ウイルスの感染経路は

垂直感染及び水平感染です。

血液、体液を通じて感染するので

性行為による感染もあります。


よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

HBc→HBe→HBs の順で

検査で陽性化します。


つまり

この順で産生されて現れる 

ということです。

(添字がアルファベット順 と

覚えておくとよいかもしれません。)

 

 従って

HBc抗体が後期 ではありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

 

選択肢 4 ですが

初感染後、7~80%は

自然治癒することが知られています。


よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

 

選択肢 5 は、正しい選択肢です。

 

 

 

以上より、正解は 5 です。