国試102回 問306~311

 

306-307

55歳男性。喫煙歴30年(120本程度)。前回の薬剤服用後に、意識がもうろうとし、ふらついたという。男性が原因を知りたいと薬局を訪れた。男性が服用していた薬剤は以下のとおりである。

クロナゼパム錠1mg 11錠(13錠)

13回 朝昼夕食後

ニソルジピン錠10mg 11錠(11錠)

11回 朝食後

 

306(実務)

原因を特定するための薬剤師の対応として適切でないのはどれか。1つ選べ。

 

1 最近、薬の服用量が変更されたかを確認した。

2 かんきつ類を食べたり、そのジュースを飲んだりしていないかを尋ねた。

3 最近、禁煙を始めたかを尋ねた。

4 残薬の確認を行った。

5 クロナゼパムの服用を一時中止するように伝えた。

 

307(法規・制度・倫理)

男性から、今回質問した事項について、知り合いの医師にも確認してみたいので、薬歴を開示して欲しいと要望があった。対応として適切でないのはどれか。1つ選べ。なお、この薬局は個人情報の保護に関する法律における個人情報取扱事業者である。

 

1 患者の権利や利益を害するおそれのある記述があったため、該当する部分を見えないようにして開示した。

2 薬歴の原本は渡すことはできないので、コピーして患者に渡した。

3 開示にかかった実費相当額の費用を患者に請求した。

4 薬局が定める開示手続きの方法にしたがって、開示の請求をするよう指示した。

5 薬歴の開示は薬局の義務ではないことを説明した。

 

この問題の解説へ


 

308-309

73歳女性。感冒様症状を訴え、薬局を訪れた。薬剤師は、薬局製造販売医薬品のかぜ薬1-②を販売することにした。

薬局製剤指針に記載されているかぜ薬1-②の成分及び分量は以下のとおりである。なお、賦形剤は乳糖水和物とした。

以上をとり、散剤の製法により製する。ただし、分包散剤とする。

1回量を11.0gとし、13回食後服用する。

 

308(実務)

薬局製造販売医薬品であるかぜ薬1-②の調製及び販売について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 患者の症状に合わせて成分量を増減した。

2 重量偏差試験を行った。

3 添付文書をつけなかった。

4 薬を入れた袋に患者の名前を書かなかった。

 

309(法規・制度・倫理)

この薬局で販売する薬局製造販売医薬品に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 薬局医薬品である。

2 製造販売業の許可は当該薬局の所在地を管轄する地方厚生局長が与える。

3 当該薬局の設備及び器具で製造する。

4 製造業の許可は必要としない。

5 店舗販売業者で販売することができる。

 

この問題の解説へ


 

310-311

52歳男性。胃痛、胸やけの症状を訴え、医薬品を薬局に買いに来た。

 

310(実務)

薬剤師がこの男性にすすめる医薬品として正しいのはどれか。2つ選べ。なお、表記は1回の服用量とする。( )内は1日の服用回数を示す。

 

1 (2回)ラニチジン塩酸塩 126mg、ケイ酸アルミン酸マグネシウム 500mg、酸化マグネシウム 200mg、水酸化アルミナマグネシウム 400mg

[第一類医薬品]

2 (3回)アズレンスルホン酸ナトリウム 6mgL-グルタミン 900mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 600mg、ロートエキス 30mg、炭酸水素ナトリウム 1800mg、重質炭酸マグネシウム 180mg、沈降炭酸カルシウム 540mg

[第二類医薬品]

3 (3回)ビフィズス菌 6mg、ラクトミン 6mg、アスコルビン酸 166.67mg、リボフラビン 2mg、ピリドキシン塩酸塩 4mg

[第三類医薬品]

4 (3回)ロートエキス3倍散 60mg、タンニン酸ベルベリン 100mg、シャクヤク乾燥エキス 24mg

[第二類医薬品]

5 (1回)赤ブドウ葉乾燥エキス混合物 450mg

[要指導医薬品]

 

311(法規・制度・倫理)

前問の医薬品に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 一般用医薬品は、要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品に分類される。

2 要指導医薬品の適正な使用を確保できないと認められるときは、販売してはならない。

3 店舗販売業の管理者が薬剤師であれば、登録販売者も情報提供及び指導をした上で、要指導医薬品を販売することができる。

4 第一類医薬品を販売するときは、薬剤師があらかじめ、使用しようとする者の年齢、他の薬剤又は医薬品の使用の状況等を確認しなければならない。

5 第三類医薬品については、当該薬局で購入した者から相談があっても、情報提供をしなくてよい場合がある。

 

この問題の解説へ


 



次の問題



目次に戻る