102-31 解説


31

Ca2+チャネル遮断作用により効果を示す抗不整脈薬はどれか。1つ選べ。

 

1 ソタロール

2 ベラパミル

3 リドカイン

4 ニフェカラント

5 ピルシカイニド




選択肢 1 ですが

ソタロールは

クラス III 群の抗不整脈薬です。

K+チャネルを遮断します。

Ca2+ チャネル遮断ではありません。




選択肢 2 は、正しい選択肢です。

同じ分類の抗不整脈薬としては

ジルチアゼム、ベプリジルなどがあります。


選択肢 3 ですが

リドカインはクラス I 薬です。

Na+ 遮断作用により

活動電位の立ち上がりを遅くすることで

抗不整脈薬として働きます。

Ca2+ チャネル遮断ではありません。



選択肢 4 ですが

ニフェカラントは、ソタロールと同じ

クラス III 群の抗不整脈薬です。

Ca2+ チャネル遮断ではありません。



選択肢 5 ですが

ピルシカイニドは、リドカインと同じく

クラス I 薬です。

Ca2+ チャネル遮断ではありません。




以上より、正解は 2 です。



類題
97-157