102-328 解説


328

注射剤の調製及び使用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 注射針の太さは、針管のゲージ番号が小さいほど細い。

2 輸液セットは、20/mL60/mL2種類の規格がある。

3 カットポイント付きのアンプルをカットする際には、カットポイントを手前に向ける。

4 孔径0.2μmの輸液フィルターは、ウイルスの除去を目的としている。

5 輸液容器のゴム栓を穿刺する際には、消毒用アルコール綿でのゴム栓の清拭は不要である。




選択肢 1 ですが

ゲージは大きいほど

実際の大きさは小さいです。

(例えば「ゲージ2」と「ゲージ20」があったら

ゲージ2の方が大きい ということです。)

 

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

 

アンプルカットは

OSCI で

アンプルの頭部を指でピンピンと払ったことを

思い出すとよいのではないかと思います。

 

 

選択肢 4 ですが

ほとんどのウイルスは

0.3 μm(=300 nm) 以下です。


0.2 μm = 200 nm のフィルターだと

かなりの量のウイルスが

通過してしまうと考えられます。

 

輸液フィルターは

細菌等の除去、及び

微粒子や空気除去を目的として

用いられます。


よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

ゴム栓は、アルコール綿で清拭してから

注射針を穿刺します。

ゴム栓が汚染されていた場合に

注射液が汚染されることを防ぐためです。


よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。