102-341 解説


341

48歳女性。非小細胞肺がん。以下の処方箋をかかりつけ薬局に持参した。

(処方1

エルロチニブ塩酸塩錠150mg 11錠(11錠)

11回 朝食の2時間後 14日分

薬歴からこれまでは処方2の薬剤が3週間毎に処方されており、処方1は初めての処方であることを確認した。

(処方2

ジフェンヒドラミン塩酸塩錠10mg 15

必要時 1回分(5錠)

レボフロキサシン錠500mg 11錠(11錠)

11回 朝食後 発熱時開始 5日分

ロキソプロフェンNa60mg 11

38℃以上の熱が出た時 5回分(5錠)

この患者の処方箋と薬歴情報について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 今回の処方薬は、他の化学療法施行後に開始された薬剤である。

2 血小板減少による発熱が出現していた可能性がある。

3 息切れ、咳などのかぜの様な症状がでても自然におさまることを伝える。

4 発疹、皮膚の乾燥やかゆみが出現する可能性があることを伝える。



選択肢 1 は、正しい記述です。

エルロチニブ(タルセバ)は

切除不能な再発、進行性の

非小細胞肺がん に効能があります。


そして

・がん化学療法後増悪した場合 か

・EGFR遺伝子陽性かつ化学療法未治療

の場合に用いられます。


また、処方2が

3週間ごとに処方されていたという点から

化学療法の副作用の予防的投与を

受けていたと考えられるため

本症例において、エルロチニブは

化学療法「後」に開始された薬剤と思われます。




選択肢 2 ですが

「血小板」減少であれば、出血傾向であり

発熱とは関係ないと考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが

白血球減少により易感染性が表れている可能性があり

自然におさまることを伝えるのではなく

すぐに知らせるよう注意してもらう

副作用の初期症状と考えられます。


よって、選択肢 3  は誤りです。.



選択肢 4 は、正しい記述です。




以上より、正解は 1,4 です。