102-36 解説


36

チアマゾールの作用機序はどれか。1つ選べ。

 

1 甲状腺ホルモン受容体遮断

2 甲状腺ペルオキシダーゼ阻害

3 甲状線刺激ホルモン(TSH)受容体遮断

4 副甲状腺ホルモン(パラトルモン)分泌抑制

5 カルシトニン分泌抑制



チアマゾールは

甲状腺機能亢進症治療薬です。

ペルオキシダーゼを阻害する薬です。

(プロピルチオウラシルも同じメカニズムの薬です。)



ペルオキシダーゼは

ヨウ素を活性化ヨウ素へと変換する

体内の酸化過程を担う酵素です。


このペルオキシダーゼを阻害することにより

T3 ,T4 ホルモンが合成されないようにします。

その結果、甲状腺機能亢進を抑制する作用を示します。


従って正解は 2 です。