102-39 解説


39

ゲンタマイシンの作用機序はどれか。1つ選べ。

 

1 葉酸合成阻害

2 細胞壁合成阻害

3 タンパク質合成阻害

4 DNA複製阻害

5 DNAからRNAへの転写阻害



ゲンタマイシンは、アミノグリコシド系抗生物質です。

リボソームの30S,50Sサブユニットに結合し

タンパク合成阻害により、殺菌的に作用します。


アミノグリコシドといえば

代表的副作用として、難聴等の第8神経障害が知られる薬です。


正解は 3 です。



ちなみに

葉酸合成阻害薬といえばサルファ薬です。

代表例は、ST合剤に含まれるスルファメトキサゾールです。



細胞壁合成阻害といえば、β-ラクタム系です。

代表例は、ペニシリンです。



DNA 複製阻害薬といえば

代表例は、DNA ジャイレースに作用する、キノロン系抗生物質です。

◯◯フロキサシン(レボフロキサシン、ノルフロキサシンなど)が代表例です。



RNAへの転写阻害といえば

RNAポリメラーゼ阻害により効果を示すリファンピシンが代表例です。