102-40 解説


40

抗腫瘍薬パクリタキセルの作用機序はどれか。1つ選べ。

 

1 DNAアルキル化

2 チューブリン脱重合阻害

3 アロマターゼ阻害

4 トポイソメラーゼ阻害

5 ピリミジン代謝阻害



パクリタキセルは、アルカロイド系抗がん薬です。

微小管の蛋白(チューブリン)と結合して

その重合を促進・安定化(言い換えると、脱重合を阻害)します。

その結果、紡錘体の形成や機能を阻害し、

細胞分裂を停止させ抗腫瘍作用を示します。


従って、正解は 2 です。




ちなみに

アルキル化剤としては

シクロホスファミド、シスプラチンなどがあります。



アロマターゼ阻害薬としては

閉経後乳がんに用いられるアナストロゾールなどがあります。

ちなみに、アロマターゼとは

女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンを合成する酵素です。



トポイソメラーゼⅡ阻害薬としては

エトポシドなどがあります。

※ちなみに、トポイソメラーゼ「Ⅰ」阻害薬としては

イリノテカンなどがあります。



ピリミジン代謝拮抗薬としては

5-FUなどがあります。