102-45 解説


45

一般に、高齢者において増大するのはどれか。1つ選べ。

 

1 胃内容排出速度

2 血漿中アルブミン濃度

3 脂溶性薬物の体重あたりの分布容積

4 肝臓での薬物代謝活性

5 糸球体ろ過速度



本問は知識ではなく、原則を理解した上で

いわゆる試験における現場思考が求められる問と考えられます。



高齢者なので、原則として「色んな物が減少します。」

具体的には、水分、筋力、臓器機能などです。


イメージとして

老人の方がカサカサ、のんびり

赤ちゃんの方がピチピチ、ジタバタではないでしょうか。


そして、水分の減少は言い換えると

脂肪率が(相対的に)上昇すると表現できます。


ここまでが原則です。

薬剤学の教科書や授業で、高齢者の部分で見聞きしたことが

あるのではないでしょうか。


以上をふまえ、各選択肢を検討します。



選択肢 1,4,5 は

臓器の機能は衰えると考えれば

誤りだと判断できるのではないでしょうか。


また、選択肢 2 は

アルブミン合成が肝臓で行われることから

やはり肝機能の衰えに伴い減少すると考えられます。



一方、高齢者になると脂肪率が増え

その結果脂溶性薬物についてはより分布しやすくなります。



以上より、正解は 3 です。



問題へ戻る



次の解説へ



問 41~問 45 解説一覧へ