102-69 解説


問69

ある病院で新たに降圧薬Aを採用することになった。そこで薬剤師Xは当該病院において、高血圧患者にAを投与した場合と投与しない場合との間で、消化器症状の発現率に差があるかを観察・調査する研究を計画した。

なお、高血圧患者にAを投与するか否かは、それぞれの主治医による薬物治療上の判断に基づき、薬剤師Xは介入しないものとした。

この研究に該当するのはどれか。1つ選べ。

 

1 randomized controlled trial

2 prospective cohort study

3 retrospective cohort study

4 case-control study

5 meta-analysis



選択肢 1 ですが

日本語に訳すと「ランダム化比較試験」です。


本問では、主治医が薬物治療上の判断に基づき

Aを投与するかしないか を決めており

ランダム化されていません。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい記述です。

日本語に訳すと「前向きコホート研究」です。



選択肢 3 ですが

日本語に訳すと、「後ろ向きコホート研究」です。

コホート研究の一種であり

これからどうなっていくかを研究します。


ただし

「原因が既にあったこと」であることが

前向きコホートとの違いになります。


本問で言えば

過去に A を投与した群と、A を投与しなかった群がいて

これから研究が始まるという設定で

この両者がどう変化していくかを追っていく研究であれば

後ろ向きコホート研究となります。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが

「症例対照研究」です。

これは既に結果があって、過去に向かって原因を調査する研究です。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが

日本語に訳すと「メタアナリシス」です。

これは、複数の既存研究について総合的に分析、統合することです。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2 です。