102-87 解説


87

薬局において、薬剤師法に基づき、作成が義務づけられているのはどれか。1つ選べ。

 

1 薬剤情報提供書

2 お薬手帳

3 領収書

4 明細書

5 調剤録



薬剤師法28条によれば

作成が義務づけられているのは、調剤録です。



ちなみに、「薬剤情報提供」は

薬剤師法25条の2により義務づけられていますが

「提供書」の作成はあくまで、薬歴管理指導料の算定に必要な要件です。



領収書や明細書は「作成」ではなく「交付」が

「薬剤師法」ではなく「療担規則」により定められています。

(領収書や明細書についての規定は

かなり細かいことに関してなので

『薬剤師法』という薬剤師の大元に関する法律では

決められていないだろう、と考えればよいと思います。)



お薬手帳ですが、これは作成が義務付けられている 

ということはありません。

ただし、本試験時において

お薬手帳を提出した方が患者の費用負担が小さくなるような

診療報酬設計となっています。



以上より、正解は 5 です。





問題へ戻る



次の解説へ



問 86 ~問 90 解説一覧へ