102-98 解説


98

クロマトグラフィーの分離パラメータに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1 ピーク高さと保持時間が同じなら、ピーク幅が狭いほど理論段数(N)は大きい。

2 シンメトリー係数(S)が1より小さいとき、ピークはテーリングしている。

3 カラムの長さが2倍になると、理論段高さ(H)は2倍になる。

4 同一の分離条件で2つの化合物の保持時間が同じ場合、両者の分離係数(α)は1である。

5 分離度(Rs)は、2つのピークの保持時間の関係を示し、ピーク幅に依存しない。



選択肢 1 は、正しい記述です。
※理論段数 N = 5.54 ×t/ W0.5h2 
ピーク幅が狭ければ、W や W0.5h は小さくなります。
すると分母が小さくなるので
理論段数は大きくなります。


選択肢 2 ですが
シンメトリー係数とは、W0.05h / 2f のことです。
1より大きい時に、ピークはテーリングしています。
小さい時では、ありません。
よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
理論段高さ = L ÷ 理論段数 です。
L が 2 倍になれば、2 倍になるようにみえますが
L の変化と共に、理論段数も変わります。
従って、2倍になるとはいえません。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
分離度とは、2つのピークがある時に
どれぐらい重ならず離れているかを示す度合いです。

保持時間の間隔が同じであれば
ピーク幅によって、2つのピークが重なる割合が変わります。
従って、分離度はピーク幅に依存します。
よって、選択肢 5 は誤りです。



類題