国試103回 問1~5



1

 

系の乱雑さを定量的に表す熱力学量はどれか。1つ選べ。

 

1.内部エネルギー

2.エンタルピー

3.エントロピー

4.ギブズエネルギー

5.化学ポテンシャル

 

 

この問題の解説へ

 


 

2

 

化合物の親水性や疎水性を表す指標となる分配係数の測定において、水と組み合わせて用いられる有機溶媒はどれか。1つ選べ。

 

1.アセトニトリル

2.アセトン

31-オクタノール

4.グリセロール

5.メタノール

 

 

この問題の解説へ

 


 

3

 

硫酸バリウムの飽和水溶液に硫酸ナトリウムを加えるとき、硫酸バリウムの沈殿が生じやすくなる現象に最も関連するのはどれか。1つ選べ。

 

1.過飽和現象

2.共通イオン効果

3.異種イオン効果

4.重原子効果

5.水平化効果

 

 

この問題の解説へ

 


 

4

 

理想気体の物質量n、圧力p、気体定数R、熱力学温度T、体積Vについて成立する関係はどれか。1つ選べ。

 

 

 

この問題の解説へ

 


 

5

 

有効数字を考慮した、2つの測定値1.2310.32132の和はどれか。1つ選べ。

 

11.6

21.55

31.552

41.5523

51.55232

 

 

この問題の解説へ

 



前の問題・・15の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説